ここから本文です

あの天才打者が語る「覚醒秘話」。筒香はシン・ゴジラになれるか?

週プレNEWS 9/8(木) 6:00配信

来春のWBC日本代表の4番はこの男で決まりか。

今季7年目、ベイスターズの筒香嘉智(つつごうよしとも・24歳)が史上最年少での3冠王を射程圏に入れている。日本人離れした豪快なスイング、飛距離はあのゴジラ松井をも超える“シン・ゴジラ”だ!

■ゴジラを凌駕(りょうが)する“シン”の4番打者

この夏、日本を背負う“シン”の4番打者がついに覚醒した。横浜DeNAベイスターズ、筒香嘉智。7年目の今年は9月6日時点で打率3割1分6厘(セ・リーグ5位)、38本塁打(同1位)、91打点(同2位)と、史上最年少での3冠王を狙える好位置をキープ。

圧巻だったのは月間MVPを獲(と)った7月。打率4割2分9厘に加え、日本人歴代トップタイの月間16本塁打(オールスターでも2本塁打)。さらにプロ野球史上初の3試合連続マルチ本塁打など、まさに「覚醒」を思わせる手のつけられない大暴れだった。

現在、上映中の映画『シン・ゴジラ』は、これまでのゴジラと違い、形態変化を繰り返しながら自己進化を遂げていくのだが、そのさまはまさに入団以来の筒香の姿に類似する。この筒香の覚醒について、横浜高校、ベイスターズの先輩であり、「天才打者」と呼ばれた鈴木尚典(たかのり)氏に話を聞いた。

「筒香の覚醒は、僕からすれば遅かったぐらいですよ」

筒香の入団時、二軍打撃コーチとして指導にあたった尚典氏は、このくらいの活躍は必然であったと語る。

「初めて見た高校時代から、筒香が持っている“ボールを遠くへ飛ばす力”は、僕らとは比べ物にならないスケールの大きさでした。その上、相当な器用さも持ち合わせているので打率も残せる。今や松井秀喜(ゴジラ)以来の“最強”と呼べる打者になったと言ってもいいかもしれないですね」

2010年の入団時、田代二軍監督、尚典コーチらの協議で“自由に育てる”という方針を決定すると、いきなりファームで26本塁打88打点の2冠王を獲得。一軍でも最終戦で初本塁打を記録し、怪物の“シッポ”を見せつける形となった。

「僕は技術的なものは何も教えていません。教えたのは打席に入る前の準備の仕方を言ったぐらい。筒香はうるさく言わずともものすごく考えるコなんですよ。バッティングフォームひとつとっても考えに考えて試行錯誤を重ねる。若い頃からそういう選手でした」

ルーキーイヤーから圧倒的な才能を示し、将来が嘱望された筒香だったが、“第2形態”ともいえる2年目以降は、右手首、左足首のケガもあり、鳴りを潜めた。

特に「勝負の4年目」といわれた13年は、打率2割1分6厘、1本塁打、3打点。活動の大半を京浜急行・安針塚(あんじんづか)の二軍施設で過ごし「このまま終わってしまうのでは……」との論調も。

「彼は性格も純粋でまじめ。良くも悪くもすごく考えるコです。この3年間はいろんな人の意見を聞きすぎてしまったんでしょうね。だから『周囲を気にするな』『俺も好きなようにやった。好きなように打て』ということは会うたびに伝えていました」

世間がその存在を忘れかけた5年目の14年、自らの足で立ち上がった筒香は、一軍の舞台・横浜に再びその姿を現した。オープン戦から打ちまくって開幕からその名をスタメンに連ねると、快調に成績を伸ばし、シーズン途中から4番に定着。打率3割、22本塁打77打点と頭角を現し、日本代表にも選ばれた。今、思えばこれが第3形態だった。

★続編⇒『ゴジラ松井超えは時間の問題? 筒香はシン・ゴジラになれるか』

(取材・文/村瀬秀信)

最終更新:9/13(火) 16:20

週プレNEWS

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊プレイボーイ

集英社

No.51
12月5日(月)発売

特別定価470円(税込)

トランプが仕掛ける新条約が鬼すぎ!/アス
トンマーティンCEOを独占直撃!/スマホ
3大キャリアを卒業しよう【グラビア】馬場
ふみか/鈴木ふみ奈/松本愛/三城千咲 他

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。