ここから本文です

ポケモンにマリオまで! iPhone 7・Apple Watch新製品発表イベントレポート

HARBOR BUSINESS Online 9/8(木) 12:10配信

 ’16年9月7日午前10時(日本時間9月8日午前2時)、アップルの新製品発表会が開催され、iPhoneの新機種、Apple Watchの新機種などが発表された。

⇒【画像】iPhone 7詳細

◆新型iPhoneはカメラ機能大幅アップ

 今回の目玉は、なんといってもiPhoneの新機種である「iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」だ。

 iPhone 7は、iPhone 6sとサイズは同じながら、重量は5gほど軽くなっている。iPhone 7 PlusもサイズはiPhone 6s Plusと同様。しかし重量は4g軽量化。また、両機種ともに防水・防塵仕様となっており、水しぶきがかかっても問題なく使用できる。

 ホームボタンは、物理ボタンから感圧式に変更。タプティックエンジン搭載により、ボタンを押したときの触覚的反応が得られるようになっている。もちろん、Touch IDにも対応している。

 また、イヤホンジャックは廃止。製品には従来のEarPodsにLightning-イヤホンジャック変換コネクタが同梱されている。本体スピーカーは上下に配置されステレオ再生に対応した。

 オプションとして、Bluetoothのワイヤレスイヤホン「AirPods」も発表された。iPhoneだけでなく、iPadやApple Watch、Macとも接続可能。充電式で、連続5時間の視聴ができる。通話にも使え、タップで音量調整などができるなど、先進的な技術が詰まっている。こちらは10月下旬発売予定。16,800円(税別)となっている。

 大きく変わったのは、カメラ性能だ。iPhone 7では6枚構成、F1.8のレンズを搭載。有効画素数1200万画素となり、画像処理速度も高速化。また、光学式手ぶれ補正も搭載された。

 一方、iPhone 7 Plusは広角と望遠のデュアルレンズを搭載。この2つのレンズで撮影することで、光学2倍ズームを実現。また、写真なら10倍のデジタルズーム、ビデオなら6倍のデジタルズームに対応する。

 また、人物の顔や人物そのものを自動認識し、背景をぼかすことができる機能も搭載。写真撮影時にポートレートモードを選択するだけで、デジタル一眼カメラのような背景がぼけたポートレート写真を撮ることができる。なお、Facetimeカメラは両機種とも700万画素となっている。

◆Apple PayがFeliCaに対応!

 もうひとつ、大きな変更点はApple PayがFeliCaに対応したことだ。これにより、SuicaやiD、QUICPayなどの電子マネーに対応するだけでなく、各種クレジットカードをiPhone内に入れて持ち歩くことができる。

 Suicaが使えることにより、電車に乗ることはもちろん、対応する各種店舗で支払いをすることができるのはありがたい。なお、FeliCa対応は10月からの予定となっている。

 カラーバリエーションは、ブラック、シルバー、ゴールド、ローズゴールドに加え、新色のジェットブラックの全5色。容量は32GB、128GB、256GBが用意されている(ジェットブラックのみ128GBと256GB)。

 価格はiPhone 7が72,800円(税別)から、iPhone 7 Plusが85,800円から。アップル公式サイトでの予約は9月9日午後4時1分から。発売は9月16日となっている。なお、現時点では各キャリアからの発売発表はされていない。

◆Apple Watchは50m防水仕様に。ポケモンGOにも対応

 Apple Watchの新機種は「Apple Watch Series 2」にリニューアル。GPS内蔵、50m防水機能を搭載。また、CPUはデュアルコアとなり動作が高速化。ディスプレイは2倍明るくなった。

 防水仕様になったことで、水泳やスポーツなどの際にも安心して着けられるだろう。

 価格は、38mmケースが30,800円(税別)から、42mmケースが40,800円(税別)からとなっている。なお、これまでのモデルはSeries 1として併売される。

 高級なEDITONモデルは、ホワイトセラミックモデルが登場。クラウドスポーツバンドとのセットで125,800円(税別)となっている。

 そのほか、Nikeとのコラボーレーションモデル「Apple Watch Nike+」も登場。オリジナルのNikeスポーツバンドと専用文字盤、そしてランニングに最適な「Nike+ Run Club」アプリが使用できる。価格は38mmケースが37,800円(税別)、42mmケースが40,800円(税別)だ。

 予約開始は9月9日から、発売は9月16日。Apple Watch Nike+は10月下旬発売予定となっている

 なお、大人気のiPhoneアプリ「ポケモンGO」がApple Watchにも対応。近くにいるポケモンの通知やポケストップを回したり、消費カロリーの表示などに対応する。

◆iPhoneアプリにスーパーマリオがやってきた!

 イベントでは、そのほかに任天堂がiOSアプリとして「SUPER MARIO RUN」を発表。会場では任天堂の宮本茂氏も登壇して、デモを行った。iPhone/iPadで操作しやすいように設計されているのがポイント。またソーシャル機能も備えている。公開は12月ごろの予定となっている。

 そのほか、任天堂は「ファイヤーエムブレム」と「どうぶつの森」のiOS版も2017年3月までに公開すると発表している(https://twitter.com/nintendo/status/773573777972006914)

 現時点では、iPhone 7/7 Plusの販売に関して、NTTドコモ、au、ソフトバンク各社からのアナウンスはない。アップルストアで購入できるのはSIMフリーモデルのみとなるため、各キャリアでの機種変更などを考えている場合は、各社の公式発表を待とう。

<文/三浦一紀 Twitter:@KazMiu>

【三浦一紀】

ジャンル関係なくなんでも書きます系雑文ライター。どっちかというとインドア寄り。GIZMODO JAPANでも原稿書いてます。

ハーバー・ビジネス・オンライン

最終更新:9/8(木) 12:11

HARBOR BUSINESS Online

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。