ここから本文です

山本地方創生相、インサイダー捜査中止を画策(下) 「“山本が事件を抑えるから”と聞かされていた」

デイリー新潮 9/8(木) 14:01配信

 第3次安倍再改造内閣で抜擢された、山本幸三地方創生相(68)。その山本地方創生相が、あるインサイダー事件について国会質問を行ったのは、2012年3月5日の衆院予算委員会第一分科会でのことだった。この場で山本地方相は、〈私の知人〉の金融会社社長が事件に関わっているとし、〈いつまでたっても結論が出ない、これが私は大問題だと思っております〉〈本当に必要なのか〉と、SESC(証券取引等監視委員会)の調査を問題視した。

 国会質問では伏せられたが、このインサイダー事件とは、12年6月下旬に摘発された「日興インサイダー事件」のことだった。これは、日興コーディアル証券の投資銀行副本部長だった吉岡宏芳被告(55)=上告中=が、横浜市にある金融会社の加藤次成元社長(71)=懲役2年6カ月執行猶予4年の一審判決が確定=に、公表前の株式公開買い付け(TOB)情報を漏洩し、金融商品取引法違反の罪に問われたというもの。吉岡被告は銀行員時代から加藤元社長に知人への融資を依頼してきたが、そのほとんどが焦げ付いたため、代償として情報を流していたという。

 山本地方創生相の“私の知人”とはこの吉岡被告を指すが、2人はそれ以上の関係だったという。

 ***

“日興インサイダー事件”のもう一方の当事者、横浜で金融会社を営んでいた加藤元社長の側近が明かす。

「吉岡さんから紹介された融資先の一つに、榊原康寛という人物がいました。彼は、トラックの協会が所有する江東区新木場や千葉県市川市の土地を転売し、利益を得ようとしていた。社長は榊原さんとの間で、売買の手付金となる2億円を10年3月に用立て、3カ月後に2億5000万円で返してもらう契約を交わしました。ただし、金銭消費貸借だと利息制限法に引っかかるから、書類上は不動産売買の格好を取ったのです」

 しかしながら、返済期日になっても、2億5000万円が戻ってくることはなかった。

「当然、社長は紹介者である吉岡さんを問い詰めました。すると、“ブルーエコノミー”というファンドの投資概要書と宴会場の席次表をわざわざ会社まで持ってきた。社長にそれらの資料を見せながら、“榊原さんはこのファンドで何百億円も集めるから間違いなく返済できます”という言い訳をしたのです」(同)

1/3ページ

最終更新:9/8(木) 14:01

デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売
「新潮45」毎月18日発売

「デイリー新潮」は「週刊新潮」と「新潮45」の記事を配信する総合ニュースサイトです。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。