ここから本文です

保育士・介護士から悲鳴が…“事故”につながるブラックな現場

女子SPA! 9/8(木) 9:10配信

「保育園に入れない!」とママたちが叫んでも、いっこうに解決しない理由のひとつに、保育士不足があります。ハードすぎる仕事のわりに給料が安く、なり手が足りないのです。これは介護士も同じような状況にあります。

 そして過酷な仕事や人不足は、保育園での子供の事故や、介護施設での入居者虐待にもつながっているというのです。

 そんな中、働く環境のひどさに悩む保育士や介護士の駆け込み寺として、「介護・保育ユニオン」が2016年6月に結成されました。実際に現場ではどんなことが起こっているのか? 同ユニオン代表の森進生さんに話を聞きました。

◆2か月弱で100件を超える相談が

 働く人の相談を受けて、企業との交渉をサポートし、ブラック企業問題にも取り組んできた「総合サポートユニオン」。以前から、保育士や介護士からの相談がたくさん寄せられていたため、今回「介護・保育ユニオン」が発足しました。

「介護・保育ユニオンが発足してから2ヵ月弱ですが、全国から100件を超える相談が寄せられています。割合としては、介護が7割、保育が3割ほど。ただ、どちらも相談内容の傾向は同じなんです」と森さん。

 介護と保育ともに相談内容のトップは、「休憩がとれない」「残業手当がつかない」など。

「労働時間が6時間以上だと休憩45分、8時間以上だと休憩1時間が、労働基準法第34条で決められています。

 ところが、現場では、休憩中に会議があったりデスク業務をしなければいけなかったり、仕事を離れられないことがほとんどです。きちんと休憩が確保されているという話は、ほとんど聞いたことがありません」(森さん、以下同)

◆「子どものために」タダ働きは当たり前!?

 また、残業に関しても、タダ働きになっている人が少なくないそうです。

「労働時間のほとんどは、園児や入居者をケアする実務で手いっぱい。でも、それ以外に書類の記入やイベントの準備、研修など、やることがたくさんある。結果的に残業となってしまいます。

 ところが、施設や園が残業だと認めず、賃金が支払われない。とくに保育の世界では『子どものため』という大義名分のもと、先生が自宅に持ち帰って仕事するのが当たり前のようになっています。

 これはれっきとした労働基準法違反ですから、書類送検などの対象になるんです」

◆虐待も事故も“なかったこと”に……

 次いで多く寄せられるのは、上司からのパワハラなど、職場の環境問題。

 さらには、介護施設の入所者や保育施設の園児に対する虐待・事故の隠ぺいなど、施設で起きた”事件”に関する相談も多いそうなのです。

「介護の現場では、職員のミスや虐待によるケガをなかったことにしてしまったり、事故死であっても老衰にしてしまうという告発もありました。

 保育施設であれば、先生が子どもを差別したり暴力をふるうケースも。また、アレルギーのある子への配慮不足による事故といった例も多いです。しかもこれらは、事故報告せずにうやむやにされてしまうのです」

 こんな実態を目の当たりにしても、声を上げればリストラやパワハラに遭う…そして悩んだ末にユニオンに相談へ訪れるという介護士や保育士たち。こんな問題が起こるのはナゼなののでしょうか?

◆職員のストレスが パワハラや虐待に繋がる

「労働基準法すら守られていない職場で、働き手に余裕がないために、事故が多発している現状があると思います。

 また、職員の数が増えるほど経営が厳しくなりますから、基準ギリギリの人数しか雇わなくなる。すると、職員にかかる負担が増え、そのストレスが虐待などの問題行動に走らせるのではないでしょうか」。

 介護や保育の仕事をしたいという純粋な気持ちが、ひどい労働環境のなかですり減って、経済的・精神的に追い詰められた末に、事故や虐待などを生んでしまうという悲劇…。

 これでは、私たち利用者の側も、子供やお年寄りを預けるのが怖くなってきます。

「働く人が声を上げることで環境は変えられます。私たちユニオンは、プライバシーはしっかりと守るので、どんな小さなことでも相談してほしい」と、森さんは言います。

 もちろん、問題のある介護・保育施設ばかりではないでしょう。けれども、問題が多い施設がかなりの割合で存在するのも、また事実なのです。

 次回は、保育士・介護士のユニオンメンバーに、その実態をインタビューします。

●介護・保育ユニオン⇒http://kaigohoiku-u.com/

TEL:03-6804-7650

Mail:contact@kaigohoiku-u.com

<TEXT/千葉こころ PHOTO/naka、takasu>

女子SPA!

最終更新:9/8(木) 9:10

女子SPA!

なぜ今? 首相主導の働き方改革