ここから本文です

仙台まで行かなくても銀座でOK!本場の絶品牛たんが食べられる新店!

東京カレンダー 9/8(木) 5:20配信

仙台名物の一つとして全国に知れ渡る「牛たん」。本場の牛たんが都内で気軽に食べられることができる店と言ったら『牛たん炭焼 利久』が挙げられるだろう。

【この記事の全ての写真】

そんな同店が今までとは一風変わった新スタイルの店舗を銀座にオープンしたのをご存知だろうか。今回はその新店『仙臺牛たん 撰 利久』の魅力をぎゅう(牛)っとご紹介しよう!

牛たんの厚み!塩加減!熟成度!焼き!とことんこだわりぬいた「特撰 牛たん定食」

まずご紹介するのは、同店の代名詞「特撰 牛たん定食」だ。

赤色が残る絶妙な焼き加減の牛たんをひと口いただいてみるとザクッとした心地よい食感とともにジューシーな旨味が口の中いっぱいに広がる!他店の『利久』の牛たんとは明らかに異なる仕上がりにびっくりだ!

その秘密は、「厚さ」と「肉質」の2点! 従来の店舗に比べ、『仙臺牛たん 撰 利久』の牛たんは、選び抜かれた職人のみしかカットすることのできない絶妙な厚さを採用。また、肉質もより高品質のものを使用しているのだ。

そこに従来からのこだわりの塩加減、熟成度、職人の技による焼きが加わることで、厚みがありながらもやわらかく、旨味たっぷりの牛たんを実現することができているのである。

本場仙台に負けずとも劣らないこだわりの牛たんがここではいただけるのだ!

こんな魅力的な牛たんの食べ方が!?「牛たんの握り」「牛たんのタルタル」「牛たんのローストビーフ」

牛たんと言えば、炭火でこんがりと焼いた牛たん焼きが一般的だが、同店では様々な方法を駆使した牛たんメニューが揃う。その中でもオススメの3品をご紹介しよう。

まずは、細かくカットして特製ダレで味付けした牛たんに卵黄と黒トリュフが添えられた「牛たんのタルタル トリュフの香り」だ。

宮城県ブランドの竹鶏たまごの卵黄はクセがなくやさしい味わいで、力強い牛たんの旨味を活かしながらもまろやかな味わいに仕上げてくれる。そこにトリュフの風味も相まって、思わず酒が欲しくなるおいしさだ。

続いては加熱加工した牛たんを握りにした「牛たんの握り」。赤色が残るしっとりとした牛たんはやわらかいながらも牛たん独特の食感は健在!

おろしポン酢、万願寺唐辛子、南蛮味噌、岩塩と1貫1貫に別々の薬味がのっている。4種の味を楽しむことができるのでぜひ食べ比べしてほしい一品である。

1/2ページ

最終更新:9/8(木) 5:20

東京カレンダー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京カレンダー

Tokyo Calendar.Inc

2017年1月号
11月21日発売

定価800円(税込み)

RESTAURANT OF THE YEAR 2016
年末飲まずにいつ飲むの? 泡酒Award 2016