ここから本文です

チベット仏教のモンゴル総本山は ソ連による破壊を経て復興をとげた

CREA WEB 9/8(木) 12:01配信

Magnificent View #1073ガンダン寺(モンゴル)

 モンゴルの首都ウランバートルにあるガンダン寺は、10の僧院と寺院からなるこの国におけるチベット仏教の総本山。高さ25メートルの観音菩薩像があることでも知られている。

 創建は1727年。清の雍正帝によって築かれ、人々の信仰を集めた。だが、寺はその後、悲しい歴史を歩む。1938年、この地に進駐したソ連に破壊され閉鎖。約1000人もの僧侶が粛清されてしまった。

 もともとあった観音菩薩像もソ連に持ち去られ、行方不明に。現在の像は、1997年に再建されたものだ。

 寺の前には、不思議な伝説が残る赤い柱がある。この寺が破壊された際、かつて本堂にあったこの柱だけは壊れず、あげくのはてに血を流したのだという。それ以来、この柱には寺の魂が宿っていると考えられ、願い事をすれば叶うと信じられるようになった。

 寺の復興が始まったのは1944年のこと。社会主義政権の監視の下、1990年にはほぼ復興を遂げ、現在はモンゴル仏教界の最高学府も併設している。

芹澤和美

最終更新:9/8(木) 12:01

CREA WEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CREA

文藝春秋

2016年12月号
11月7日発売

定価780円(税込)

おいしいもの、買いたいものいろいろ
贈りものバイブル

毎日使いたいベストコスメ発表!
村上春樹「東京するめクラブ」より熊本再訪のご報告

ほか

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。