ここから本文です

「ゴミ」は意外と売れる!…その買い取り価格とは?

R25 9/9(金) 7:00配信

リユースショップやリサイクルショップに持ち込むのはもちろん、フリマアプリの普及もあり、中古品の売買がかなり一般化してきた。とはいえ、家の中の不用品のなかには、「売れそうなもの」よりも明らかに「これは売れないだろうと思うもの」ばかり…。無理は承知のうえだが、なんとかこれらを売る方法はないものだろうか。

「雑誌の付録や壊れたゲーム機、ゲーム機のコントローラーだけ、さらにはLANケーブルだけでも売れますよ」

こう話すのは、ハードオフを始めとして数々のリサイクルショップを展開するハードオフコーポレーションの杉原永璃子さん。一見すると「ゴミ」ともいえる物だが、意外な需要があるという。

「例えば、壊れたゲーム機は、内蔵されたパーツを使って自分で修理したい人からの需要があります。また、飲食物のおまけをコレクションしている人もいますので、買い取れるものも少なくありません。買い取り価格は社内の基準に基づいて決めています」

では、「具体的な価格は…?」と聞いたところ、「モノによりけりなので、明確にはお教えできませんが…」とのこと。代わりに、どんなものなら買い取ってもらえるのか、教えてもらった。

「基本的にトレンドはありませんが、機械類に関しては比較的どのようなものも引き取ることができます。例えば、電源ケーブルのみや、TVのリモコンのみでも買い取りが可能です。一例ですが、リモコンは最新型になるほど高めで買い取れる傾向があり、数百円で購入できるものも…。しかしながら単品では安価ですので、何かと一緒に売っていただくのがオススメです」

また、雑誌の付録や食玩の景品など、時期が限定されているノベルティ関係は買い逃した人の需要がある。価格は品物によるが、状態が綺麗で時期が新しければ気持ち上乗せされることもあるそうだ。

●ウィスキーの空き瓶が高く売れるワケ

確かに、どれも微々たる金額なのは否めない。ところが杉原さんによれば、ウィスキーの空き瓶は若干高価になる可能性があるとのこと。そこで、酒類を扱うリカーオフ吉祥寺店の店長、牧田正人さんに聞いた。

「銘柄でいえば『響』や『ジョニーウォーカー ブルーラベル』といったコルクを抜き差しできるウィスキーボトルは、空き瓶でも価値があります。売値で買い取り額は決まりますが、1000円で売れる瓶なら300円、700円で売れる瓶なら200円で買い取っています」

さらに、希少価値の高い空き瓶だと、当然のことながら買い取り価格は大幅にアップする。

「フランスのクリスタルブランド『バカラ』のクリスタルガラスを使ったボトルは高値で売れますよ。例えば、『カミュ ジュビリー』や『レミーマルタン ルイ13世』です。これらの空き瓶は、5000円近くになることもありますから」

ところで、ワインやシャンパンの空き瓶は売れないのだろうか?

「ワインやシャンパンのボトルは、一度コルクを抜くと再び入れることができないため、買い取りできません。ウィスキーの空き瓶を買い取るのは、ウィスキーを移し替えるデキャンタとして使う需要があるからです。30~40年前の年代物のウィスキーを開けようとしたとき、コルクがぼろぼろになってしまって中に落ちてしまうことがあります。そんなとき、目の細かい茶こしなどで不要物を取り除き、購入した空き瓶に移し替えれば、ウィスキーを飲むことができます」

牧田さんによれば、ウィスキーボトルは月に10本前後売れ、中には数本まとめて買っていくお客もいるそうだ。一方、空き瓶が“売れる”ことを知らない人が多いので、売る人は月に1~2人くらいにとどまるそう。

自分の不用品が価値ある物として取引されるのかどうか、一度市場に出してみてその感触を探るのもアリかもしれない。

(南澤悠佳/ノオト)
(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:9/9(金) 7:00

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。