ここから本文です

ありそうでなかった、スマホ便利グッズ8選

NIKKEI STYLE 9/9(金) 7:00配信

 「もの選び」を見直せば、生活の無駄がなくなり、暮らしをもっとシンプルに、もっとラクにできる。スマートフォン(スマホ)ライフを便利にする“ありそうでなかった”アイデアが詰まった製品を集めた。

■ドラレコとしても使えるアクションカメラ

RECO SyncASUS JAPAN実勢価格3万円(税別)

 フルHD動画が撮影できるアクションカメラに、ドライブレコーダーの機能を追加。目的地まではドライブレコーダーとして使い、現地ではクルマから取り外してアクションカメラとして使える。エンジンが始動したり衝撃を感知したりすると、自動的に録画を開始するモードを備え、外付けのGPSレシーバーも付属。ドライブレコーダー専用機に見劣りしない。

■充電だけでなく、内蔵SDにデータ保存できるケーブル

Symlis Sparrow日本ポステック実勢価格4480円(税込み)

 マイクロUSBケーブルに小型のマイクロSDカードリーダーが合体。充電やパソコンへのデータ転送に加えて、SDカードへのデータ保存もできる。スマホの空き容量が少ないときや、データの受け渡しをしたいときに役立つ。ケーブルをたたんで小さく収納できる。

■腰に掛けて持ち歩けるケーブル

Carabiner for Micro USBNOMAD実勢価格5162円(税込み)

 普段はベルトループなどに掛けておき、いざというとき、マイクロUSBのケーブルとして使えるカラビナ。スマホのバッテリー切れ対策になる。サイズは奥行き80×幅42×高さ13mmで、やや大きめ。Lightningケーブル版(実勢価格5378円)もある。

■アウトドアでも使える防水仕様の“空飛ぶスピーカー”

crazybaby MarsCYBERBRAIN JAPAN実勢価格5万6160円(税込み)

 ウーファーを兼ねる筒型の本体から磁力によって浮き上がり、Bluetooth接続したスマホの音楽を鳴らす斬新なスピーカー。円盤状のスピーカーは防水仕様(IPX7)で、バッテリー内蔵のため単体でも使える。浴室やキッチンに持ち込んで音楽を聴いたり、アウトドアで使ったりと、さまざまなシーンで活躍する。スピーカー単体では重低音が弱かったが、本体とセットなら音質は満足できる水準だった。

 ワイヤレス充電に対応しており、スピーカー部のバッテリー残量が20%以下になると、自動で“着地”し、充電する。スピーカー単体では約6時間の連続再生が可能。

1/2ページ

最終更新:9/9(金) 7:00

NIKKEI STYLE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフスタイルに知的な刺激を。
生活情報から仕事、家計管理まで幅広く掲載
トレンド情報や役立つノウハウも提供します
幅広い読者の知的関心にこたえます。