ここから本文です

日本発のスポーツの力を 考えよう「2020年以降」

NIKKEI STYLE 9/9(金) 7:00配信

 世界経済フォーラムの協力と、官民の連携で開催される国際会議「スポーツ・文化・ワールド・フォーラム」(主催:文部科学省、スポーツ庁、文化庁)。2016年10月に開催されるこのイベントは、スポーツ・文化芸術の発展による新たな産業の創出や、スポーツ・日本古来の文化(道)の魅力、成長戦略と連動した日本ブランドなどを海外に積極的に発信することを目指している。その取り組みは、対日直接投資の拡大につながるという期待も大きい。

 例えば、文化庁では19年のラグビーワールドカップ(W杯)や20年の東京オリンピック・パラリンピックの開催を契機に「文化芸術立国」を目指すプログラム「文化力プロジェクト(仮称)」を実施する。全国で20万件のイベント、5万人のアーティスト、5000万人の参加を目指す。

 今回のスポーツ・文化・ワールド・フォーラムは、日本で開催が相次ぐ大型スポーツイベントをキッカケにした、一連の取り組みのキックオフ会議である。「“日本”を世界に向けて発信する」をいかに具体化していくか。「スポーツ・文化・ワールド・フォーラム リーダー」として準備にあたる藤沢久美氏(シンクタンク・ソフィアバンク代表)のインタビュー最終回は、今回のフォーラムの課題や意義について聞いた。(聞き手は、上野直彦 スポーツライター)

――先日開催した「スポーツ・文化・ワールド・フォーラム」(以下、ワールド・フォーラム)のアンバサダー就任式では、登壇した4人全員が女性で目を見張るものがありました。今回のフォーラムでは女性の活躍をどう捉えていますか。
藤沢

 就任式については全く性差のことは考えておらず、たまたまです。実は、ワールド・フォーラムを開催するに当たり、行動規範をつくりました。その最初がダイバーシティ(多様性)です。

 女性、男性、LGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシャル・トランスジェンダーの頭文字)、国内、国外、年齢も、準備室の中では役人だろうが、民間人だろうが、ダイバーシティを大事にしています。関連するテーマをワールド・フォーラムの中で取り上げて議論するよりも、そういう価値観を共有したメンバーがつくり上げることできっとダイバーシティの重要性が伝わるものになると考えています。

1/3ページ

最終更新:9/9(金) 7:00

NIKKEI STYLE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフスタイルに知的な刺激を。
生活情報から仕事、家計管理まで幅広く掲載
トレンド情報や役立つノウハウも提供します
幅広い読者の知的関心にこたえます。

なぜ今? 首相主導の働き方改革