ここから本文です

高梨臨、小栗旬主演の衝撃作「代償」のヒロインに!

Smartザテレビジョン 9/9(金) 6:00配信

今秋、日米同時配信される小栗旬主演のHuluオリジナルドラマ「代償」に、注目の若手女優・高梨臨がヒロインとして出演することが分かった。

【写真を見る】高梨は「小栗(旬)さんが、周りがやりやすいように事前に相談してくださったので、不安もなく作品に入れました」と語る

本作はオリジナルドラマ初の“日米同時配信”という華々しい形での公開を予定されており、地上波では放送困難な虐待、人格否定などの衝撃シーンが多く描かれている。高梨はさまざまな恐怖と不安で揺れる弁護士役に挑む。

ある日、強盗殺人事件の容疑者・達也(高橋努)から、弁護士の圭輔(小栗)に弁護依頼が舞い込む。しかし、それは圭輔にとって“新たなる悪夢との闘いの幕開け”でもあった。

達也は圭輔にとって遠い親戚であり、少年時代に一緒に暮らした友人だが、その“友人”は家庭崩壊に人格否定、犯罪教唆、近親憎悪、人身操作…あらゆる卑劣な手を使い、かつて圭輔を“不幸のどん底”へと追い詰めたサイコパスだった。

達也の狙いとは何なのか。そして、どんな代償を払ってでも、達也という悪魔をどうにかしなければならないと立ち上がった圭輔を待ち受ける運命とは? 人間の正義感と悪意、策略が交錯する中、驚がくのラストへと疾走していく。

そんな本作で高梨が演じるのは、圭輔の婚約者で、芯の強さと確固たる正義感を持つ弁護士・白石真琴。真琴は達也に対する圭輔のおかしな挙動に不信感を覚え、圭輔の過去を探り始めるが、その矢先に自身に向かって達也の触手が伸び始める…。さまざまな恐怖と不安の中で大いに揺れる、難しい役どころだ。

「代償」は地上波では放送困難な内容だけに、たとえオファーを受けても出演を迷う若手女優も多いかもしれないが、高梨は違った。

高梨は「企画内容を聞いて、普通のテレビドラマではなかなかできないような内容だと思いました。Huluのドラマ『フジコ』('15年)を拝見した時に衝撃的な内容と表現方法だったので、この『代償』の世界観をHuluでやったらすごく面白くなるのではないかと思いました」と明かす。

かつてない世界観に刺激を受け、今回の役柄に対する意欲もどんどん膨らんでいったそう。

「真琴は恋人の圭輔とサイコパスの達也の間に巻き込まれて、崩れかけたり、不安になったりします。ですが彼女は芯が強く、しっかりした女性。そんな状況にも向き合う強さを演じたい」という思いを胸に臨んだ本作。

撮影前から主演の小栗とも密にコミュニケーションを取ったんだそう。

「小栗さんが、周りがやりやすいように事前に相談してくださったので、不安もなく作品に入れました。小栗さん自身が役に入り込まれていたので、私も迷わず作品に飛び込んでいけました」と、振り返る。

そして、本作の見どころを「次から次へと展開していく物語の中で、達也に巻き込まれて壊れていく人々、立ち向かう圭輔、その間で葛藤する真琴…それぞれの心情が如実に描かれています。

残酷でもありますが、その中でそれぞれの人物の愛も感じられる話になっていると思います。1話から最終話まで一気に見たくなるような、ハラハラする展開になっていますので、ぜひご覧ください」とアピールした。

未来のエンターテインメント界を担う注目株・高梨の凛とした佇まいと女優魂は、どんな「代償」を払ってでも見たいところだ。

最終更新:9/9(金) 6:00

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
12月7日

特別定価:350円

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。