ここから本文です

麺を肉に変更「つけ肉」 大人気で3倍売上げ、品切れに!

R25 9月9日(金)7時0分配信

「麺」を「肉」に変更したつけめんが登場し、ネット上で大きな話題となっている。

この商品を提供しているのは、老舗のつけめん屋「六厘舎」の系列チェーン「舎鈴」の八重洲店。通常630円で販売している「つけめん」に、290円を追加することで、麺を「肉」(200g)に変更できるのだ。脂身の少ないスペイン産豚の肩ロース肉を使っており、同店の看板には「タンパク質を摂取して 糖質カット」というキャッチコピー。ダイエットで糖質をカットしている客に向けたメニューのようだ。

9月2日に、とあるネットユーザーがこの看板の写真を「つ、つけ肉…( ‘ε’ ;)」とのコメントとともにツイッターに投稿すると、8日までに8700件以上リツイートされるなどして、大きく拡散。ツイッターでは、

「つけ肉はすごく気になってる タンパク質はエネルギーにもなるし高たんぱくの食事は健康に良さそう」
「つけ肉!!!いいなw食欲がましましになるなw」

など、「つけ肉」という呼び名で大きな話題になっているのだ。

すると、9月6日に六厘舎は公式フェイスブックで、

「つけめんの麺を肉に変更
通称 つけ肉ですが
現在 舎鈴八重洲店にて販売しております」

と、改めて説明。加えて、9月14日から舎鈴丸の内店と舎鈴田町駅前店でも「つけ肉」を販売する予定であることを明かした。

さらに9月7日には、舎鈴の公式サイトで、

「『麺を肉に変更(つけ肉)』につきまして、本日15時までで通常の3倍のご注文を頂き、品切れとなり誠に申し訳ございません。
ここまで反響があるとは想定しておらず、当社も非常に驚いております。明日からはつけ肉の数量を増加して販売再開致しますのでご来店を心からお待ちしております。
他の商品は通常どおり販売しております」

と、アナウンスされた。ネット上で話題になったことで、想定を大きく上回る注文があったようだ。

とにかく大人気となっている「つけ肉」。たしかに糖質カットにはもってこいなのだが、

「つけ肉は絶対に炭水化物が欲しくなるし、ご飯か麺を追加注文するからデブる」
「麺を肉に変えられるつけ麺、つけ肉とかいうのあるじゃないですか。ぶっちゃけアレで白米食いたくないですか」

など、肉をおかずに炭水化物がほしくなるのではないかという指摘も多く、食べ方によってはダイエットに逆効果となる可能性もありそうだ。
(奈波くるみ)

(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:9月16日(金)17時59分

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。 [new]