ここから本文です

秋の森で「リスのエビフライ」を探してみない?

東京ウォーカー 9/9(金) 8:00配信

秋の主な行楽と言えば紅葉狩り。眺めるだけではなく、森林を散策する人も多いだろう。そんなとき、ちょっとした宝探しを楽しんでみるのはどう?

【写真を見る】食事改めエビフライ作成中のリス

散歩家の飯田猛さんによるイベント「自然の宝物を見つける 森の歩き方」が9月24日に、日本橋三越本店の7階にある「はじまりのカフェ」にて開催される。飯田猛さんは、「木の実」や「まつぼっくり」の魅力を紹介し、それらを使ったアクセサリー作りなども提案している。

中でも一風変わった「リスのエビフライ」に注目だ。森の中に落ちており、形がエビフライにそっくりであることから、いつからか呼ばれるようになったその正体はまつぼっくり。リスはアカマツなどのまつぼっくりの中にある種を食べるが、その食べかすが、見事なまでにエビフライに似ているのだ。リスは1回に複数のまつぼっくりの種を食べるため、1個見つかればそばに数個落ちているそう。

また、まるでバラのような形をしている木の実「シーダローズ」など、森の中には魅力的な落とし物が沢山。今秋の休日は子どもと一緒に、森の芸術作品を探しに出かけてみては?【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:9/9(金) 8:00

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。