ここから本文です

「レンタル救世主」連続発表2。中村アン冷徹な秘書役!

Smartザテレビジョン 9/9(金) 10:15配信

沢村一樹が主演の新ドラマ「レンタル救世主」(日本テレビ系)で、初回放送日の10月9日(日)にちなみ、5日連続で10時9分に新キャストを発表する企画が9月8日より始動。第二弾の今回は、レンタル救世主会社の秘書・秦野いろは役の中村アンの出演が発表された。

【写真を見る】ミステリアスないろはの真の姿にも注目だ

いろはは、個性的な救世主たちを冷徹に管理する秘書。無機質で淡々と残酷な発言をするその真意は不明である。一方で、政財界などさまざまなところに精通する面も持つという、謎多き女性だ。

中村は「台本を読ませていただいてすごくワクワクしました。登場人物のキャラクターが濃く、助けてほしい内容も驚くようなことばかり。でもどこかあり得そうな気もして目が離せません。

今回演じさせていただく秦野いろはは、まだその全貌が明らかではない、誰にも分からないミステリアスな女性です。私も試行錯誤しながらですが、しっかりといろはを演じられるよう、そしてこの作品でいい意味で自分の殻をやぶれるようなそんな作品にしたいです」と語った。

本作は、超お人よしの普通のサラリーマンだった明辺(沢村)が、期間限定で依頼者の困りごとを命懸けで解決する“レンタル救世主”の仕事に奮闘していく姿を痛快に描く物語。

とにかく目立ちたがり屋で明辺と共にレンタル救世主として活動する葵伝二郎には藤井流星が、明辺と葵に救出される謎の女性・百地零子には志田未来が、葵をレンタルする常連客の女子高校生・葉石りさ子役に福原遥が決定している。

最終更新:9/9(金) 10:15

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。