ここから本文です

最高級の宇治抹茶を使用した自然派リップクリーム

東京ウォーカー 9/9(金) 15:38配信

宇治茶の製造と販売を展開する祇園辻利は、自然素材にこだわる石鹸工房「京都しゃぼんや」とコラボレーションした「抹茶りっぷくりーむ」(1620円)を9月10日(土)から祇園辻利各店舗及び、通信販売で発売する。

【写真を見る】摘みたての茶葉をイメージした涼やかなオリジナルパッケージ

「抹茶りっぷくりーむ」は、 京都府南部で栽培育成された茶葉を精選吟味し、石臼で丹念に引き上げて作られた祇園辻利最高級の宇治抹茶「建都の昔(けんとのむかし)」を使用。お茶のとれる「チャノキ」と同じツバキ科である「ユチャ」の種子から採取した、のびが良くしっとりとしたオイルは、肌なじみが良く、すっきりとした抹茶の香りが引き立つ仕上がりだ。

唇にうるおいを与えるだけでなく、お茶の豊かな香りは癒しの効果も期待できそう。また、京都らしさを表現した竹製容器や、瑞々しい摘みたての茶葉をイメージした祇園辻利オリジナルパッケージなど、ギフトや外国人向けのお土産にもぴったりだ。【東京ウォーカー】

最終更新:9/9(金) 15:38

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。