ここから本文です

“ホリエモン”の住む「宇宙のまち」で一日限りのフェス開催

東京ウォーカー 9/9(金) 18:02配信

宇宙・航空分野の実験や誘致活動を積極的に行い、2015年12月にはロケット開発を支援する“ホリエモン”こと堀江貴文氏が移住したとして注目を集めている、北海道の大樹町。十勝の南に位置するこの町で、9月10日(土)、宇宙と大自然をテーマにした野外音楽フェスティバル「宇宙の森フェス」が開催される。

【写真を見る】JAXAの航空宇宙実験や民間企業のロケット開発も行われている

大樹町は、約30年もの間「宇宙のまちづくり」を実施。民間ロケット企業の誘致活動や、航空宇宙に関する実験場の整備などを行ってきたという。最近では、放送作家・脚本家である小山薫堂氏が経営するオレンジ&パートナーズ・VILLAGE.INCによる、グランピング事業もスタート。今後ますます目が離せないスポットだ。

フェスには、the band apartのギターボーカル・荒井岳史やカジヒデキ、DJ・プロデューサーの須永辰緒、ほか地元出身のアーティストなど全12組が出演予定。また音楽以外にも、航空宇宙に関する体験ワークショップや星空案内、地元食材が楽しめる飲食店などの見どころが目白押し!ライブが好きな人だけでなく、ファミリーや友達同士でも楽しめるイベントとなっている。

音楽・アート・宇宙・自然・食・アクティビティを一度に楽しめる野外フェス。“宇宙のまち”大樹町で、一日中盛り上がろう。【ウォーカープラス/友ことみ】

最終更新:9/9(金) 19:54

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。