ここから本文です

池松壮亮の恋愛観一問一答「優先順位1番に女の人が入ってこないから問題が起きる」

週刊女性PRIME 9/9(金) 16:00配信

 映画『だれかの木琴』で、池松壮亮が常盤貴子演じる主婦から、行きすぎた好意=ストーカーを受ける美容師役を熱演! 

「常盤(貴子)さんの髪は、実際に僕が切ってるんです。自分より周りのほうがドキドキしていたみたいで、僕はその緊張感を逆に楽しんでました」

 実は今回の作品を手がけた東陽一監督との最初の出会いは、日大芸術学部の映画学科在学当時に受けた授業。いつもは落ち着いたトーンで話す池松も、当時のことを興奮ぎみに振り返る。

「大きなスクリーンで映画を見て感想を書くという授業で、3回くらいしか出てなかったんですが(笑)、たまたま監督の『絵の中のぼくの村』という作品が流れたんです。

 そのとき、すごく衝撃を受けて“誰だ、これを作ったのは!”って思って。調べたら東監督だったんですよ。それからです、“なんとか一緒に仕事をしたい”って思い始めたのは」

 念願だった東監督作品に出演することが決まり“夢が叶った”と池松。東監督は『もう頬づえはつかない』(桃井かおり)、『化身』(黒木瞳)をはじめ女性映画の旗手として名高く、名誉ある賞を多く受賞した『橋のない川』など、数々の名作を生み出してきた。

「憧れの監督で会いたくても会えないと思っていたので、実際にお会いしたときは“実在するんだ”って思いました(笑)。

 そんな東監督の作品に出演するにあたって、いつも役に入るときは“自分でやるんで大丈夫です”って勝手にやりがちなんですが、今回はあの東監督だし “全部預けてみよう”と。俳優としてのモチベーションも上がりました」

「挑戦的なところに惹かれてしまう」

 池松といえば、これまでさまざまなジャンルの作品に出演。肉欲を満たすためだけに集まった男女を描いた『愛の渦』、市川由衣との濡れ場が話題となった『海を感じる時』、怖すぎる殺人鬼を演じた『MOZU』など、何かと強烈な役が多い。

「挑発するのもよくないし挑発もされたくないんですが、“こんな作品があるけど”ってすごい作品を出されると“来たな~”って、ついのっちゃうんです。僕も人生をかけて俳優をやっているので、何か挑戦的なところに惹かれてしまうんです」

 今年だけでも公開される出演映画は9本! 超多忙で、身体は大丈夫なのだろうか? 

「それが結構休んでるんです。何なら休みすぎっていうくらい。撮影が短期間なものも多くて。休みの日は、だいたい家にいますね。DVD見るか、本読むか、寝てるか。外に出ても映画館か喫茶店くらいかな」

1/2ページ

最終更新:9/9(金) 16:00

週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」11月29日発
売号 / 毎週火曜日発売

定価390円(税込)