ここから本文です

佐々木蔵之介、撮影後の“昼酒”は格別! 深キョンや柄本時生と一升瓶をガンガン空ける

週刊女性PRIME 9/9(金) 16:12配信

 ʼ14年に公開され話題になった『超高速! 参勤交代』が“リターンズ”となって帰ってきた。前回同様、弱小ビンボー藩の湯長谷当主・内藤政醇を演じるのは佐々木蔵之介。

「時代劇は僕が京都出身で、小さいころから東映の太秦の映画村に行ったりして、身近に感じていましたね。

 この作品と出会って、時代劇というのはある意味、自由なんだと思えるようになったんです。実際の場面を誰も見たことがないから、思う存分やってもいいんだと。

 参勤交代で関所を通るとき、チェックの目をくぐり抜けるために、案山子で人数を水増ししたとか(笑)。奇想天外なアイデアだと言えば、それもアリになるわけですよ(笑)。

 あと、今回は最後に7人対1000人という戦いをやっていますけど、こういうチャンバラが醍醐味なんです。刀の斬り合いって、拳銃の打ち合いとはまた違って一手一手が“セリフ”になるから面白いんです」

 佐々木は、実家が京都の造り酒屋で、芸名の“蔵之介”は、家業と大石内蔵助の名前をかけたもの。共演者たちともよく飲みに行くという。

「山形の庄内の撮影所で撮影したときはけっこう飲みましたね。撮影所からホテルに帰る途中に、西村(雅彦)さんと寺脇(康文)さんの行きつけのお店があって。あそこに行きつけがあるのもおかしな話ですけど(笑)。

 昼すぎくらいに撮影が終わり、僕とおふたりと、深田(恭子)さん、(柄本)時生くんたちと一升瓶をガンガンに空けました。僕は飲みすぎて次の日の昼くらいまで全然ダメでした(笑)」

 この日、深田は飛行機で東京に戻らなくてはいけなかったので、店から直接、空港へ向かったのだが、

「飲み足らなかったらしくて(笑)、撮影でお店に来られなかった伊原(剛志)さんと空港でも出発まで飲んでいたと聞きました(笑)。よく食べ、よく飲み、よく走りましたね」

 出演陣も2作目ということで気心が知れ、前作以上にノッて、やりやすい現場だったと佐々木は振り返る。

「コメディーでもやりすぎだろう! ってくらい振り切りました(笑)。でも、時代劇の間口を広げ、少しでも敷居を低くできたかな、と僕らは思っています。ご家族で見て楽しんでいただければうれしいですね」

<作品情報>
◎「超高速! 参勤交代 リターンズ」
金なし、人なし、時間なし、おまけに帰る城もなし!?  前作で湯長谷藩に打ち負かされた松平信祝(陣内孝則)の陰謀が、藩主・内藤政醇(佐々木蔵之介)たちに再び忍び寄る。絶体絶命の危機を湯長谷藩はどう切り抜けるか。9月10日(土)全国ロードショー

最終更新:9/9(金) 16:12

週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」11月29日発
売号 / 毎週火曜日発売

定価390円(税込)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。