ここから本文です

カメヤマの『サクマドロップス線香』の売れゆきが絶好調な理由

@DIME 9/9(金) 7:10配信

ローソク・線香メーカーのカメヤマがサクマ製菓とコラボした『サクマドロップス』のお線香。昨年秋に発売されて以来、カメヤマの人気シリーズ「コラボ線香」史上、過去最短の10か月で4万個の販売を達成した。

そんなサクマドロップスのお線香がなぜ今も売れ続けているのか。購入者の声を探ってみると、一番の理由は「パッケージがかわいい!」と自宅用だけでなく贈り物にする人もおり、当初はおなじみのサクマドロップスと間違えて家族や友人と盛り上がっているようだ。

また、仏壇用に使用している人は「こんなお線香があるんだよ。サクマドロップス大好きだったよね」など故人に話しかけているという。このように「サクマドロップス」のお線香は人と人とをつなげるコミュニケーションツールとなっていることが、多くの人に愛され、今なお売れ続けている理由だといえる。

もちろんその前提にはサクマ製菓が長年積み重ねてきた努力があってこそ。『サクマドロップス』は発売から100年以上経っても、老若男女年齢問わず愛され続けているロングセラー商品なのだ。

文/編集部

@DIME編集部

最終更新:9/9(金) 7:10

@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2017年1月号
11月16日発売

定価630円

ヒット商品&トレンド大予測!
ふるさと納税駆け込み攻略ガイド!
発表!小学館DIMEトレンド大賞
別冊 DIME創刊号付き

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。