ここから本文です

独占スクープ! 清原和博「厳戒の宮古島潜伏」撮った!

FRIDAY 9/9(金) 7:00配信

 グレーのハットを目深に被り、マスクにサングラス。9月5日の昼過ぎ、沖縄・宮古空港の出発カウンターに異様な出で立ちの巨体の男が現れた。清原和博(49)である。

 有罪判決から、96日間。姿を消していた清原の姿を本誌は捉えた。清原は潜伏生活のさなか、お気に入りの土地である、宮古島に滞在していたのだ。清原は遊び仲間と一緒に島を訪れ、”東洋一”と言われるビーチで遊び、リゾート内の高級レストランで食事を楽しんでいたようだ。清原の生活ぶりは逮捕前となにも変わっていない。

「執行猶予中の4年間というのは、入院など、薬物治療に専念すべきでしょう。同行していた仲間が薬物に関係しているかはわかりませんが、かつて夜遊びをしていた仲間となると、薬物の誘惑がまったくないとも限りません。清原氏の公判などを見ていると、意志が強い人間とは思えない。だからこそ、治療や入院を優先すべきではないでしょうか」(元厚労省地方厚生局麻薬取締部捜査第一課長の高濱良次氏)

 9月5日、宮古空港を発ち、関西国際空港に降りたった清原を直撃した。

 FRIDAY最新号では、清原の宮古島での写真を、FRIDAYデジタルでは清原を捉えた動画も公開している。

撮影 朝井 豊

最終更新:9/9(金) 12:24

FRIDAY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。