ここから本文です

話題の「自動運転」、実際どこまで進んでいるの?

集英社ハピプラニュース 9/9(金) 16:03配信

今の自動運転はあくまで「運転支援システム」

「自動運転」という言葉、最近、よく耳にするようになりましたよね。多くの人が、ドライバーは手放しで何もする必要がない、完全自動運転を思い浮かべるんじゃないでしょうか? 実際、友人からも、「自動運転のできる小型車が欲しいんだけど、どれがいいの?」と聞かれたことがあります。でも、現状では、市販車でそのような域に達しているものってないんですよね。

日本を含め、世界の主な自動車メーカーでは、2020年をめどに完全自動運転を実現することを目標に掲げています。どのメーカーも、とても慎重な姿勢をとりながら、着実に技術開発を進めています。でも、そんななか、今年5月に、テスラモーターズの「モデルS」というクルマに乗っていたドライバーが、自動運転中にトラックとの衝突事故に遭い、亡くなるという痛ましい出来事が起こりました。この事故は各自動車メーカーの開発に水を差す、衝撃的なものだったんです。「自動運転」といっても、まだまだ確実に安全であるとは保証できない状況なんですね。

NHTSA(米道路交通安全局)や内閣府の基準によれば、自動運転には、レベル1からレベル4までの4段階に分けることができます。

レベル1は、基本は人間が運転しますが、システムが一部操作するという運転支援段階。レベル2は、限られた状況で自動走行ができる部分運転段階。レベル3は、自動走行するしますが、緊急時にはドライバーが操作するという半自動運転段階。レベル4はドライバーが何もしなくても走行できる完全自動運転段階です。

現在、メルセデス・ベンツやアウディ、ホンダやスバル、日産といったメーカーが自動運転支援システムの新技術を市販車に搭載しています。現段階では、各社レベル2の域であるといっていいでしょう。

たとえば、先日発表されたばかりのメルセデスベンツEクラスには、完全自動運転に近づく革新的なシステムとして、「ドライブパイロット」が搭載されています。新たな技術として、ウィンカー操作のみで車線変更を自動で行う機能も搭載されていますが、あくまでも主体はドライバーで、いまだ運転支援システムの域を超えていません。

「自動運転」という言葉の持つ自由なイメージのみが先行しがちですが、現在は、完全自動運転を目標に、各社それぞれが手探りをしながらしのぎを削っている、そんな段階なんですね。あくまでも運転支援技術である、ということを頭にいれたうえで、クルマ選びをしてみてください!

文/スーザン史子

LEEweb

最終更新:9/9(金) 17:48

集英社ハピプラニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。