ここから本文です

お金に対する不安と、その克服方法

ライフハッカー[日本版] 9/9(金) 19:10配信

大学卒業後、就職先がすぐに決まって運が良かったと思います。やる気満々で社会人の仲間入りをしましたが、数ヶ月後、私は条件も給料もさらに良い仕事のオファーをもらいました。まったく嬉しくなかったわけではありませんが、どちらかというと不安になりました。

オファーは魅力的なもので、給与もその業界の適正範囲内でした。しかし、「うまくいかなかったらどうしよう?」「仕事にやりがいがなかったらどうしよう?」「すべて失ったらどうしよう?」と、安定した収入を失くす可能性に怯え、素晴らしい仕事をもう少しで逃すところでした。 

不安もある程度は役に立ちます。はじめは、不安がやる気に火をつけ、経済的な目標を達成することができました。しかし、不安はだんだん私の行動を妨げるようになったのです。私が立ち向かった、経済的な不安とその克服方法をここで紹介します。

収入を失うことへの不安

お金に関して最大の不安は、仕事を失う、ひいては収入を失うことでした。お金がないせいで実家に戻りたくなかったのです。

ある意味、この不安な気持ちは私の役に立ったといえるでしょう。職業倫理を形成する助けになりました。誰だって、クビになる心配をしている時は、一生懸命働きます。とは言え、この当然の不安は、次第に私の足をひっぱりはじめました。たとえば、

・収入がいいからという理由で、やりがいを感じない仕事に就きました。
・昇給を要求しませんでした。なぜなら、上司が私を誤解してクビにされるかもしれないと怯えていたからです。

この不安を克服するために、自分を主張をすることを学び、リスクを負うことに慣れなければなりませんでした。

また、「安定した収入がないという恐怖」も克服しなければなりませんでした。そこで、緊急事態に備えて貯金をしました。それは多少不安を軽減し、リスクを負うことが少し楽になりました。

そして、リスクについて考えました。たとえば、転職を決意した時のために、貯金をし、計画を立てたのです。転職はリスクはあるものの、経済的にも気持ち的にもリターンが大きいからです。しっかりとした計画と緊急時のための安全策があることは、不安を克服する上で大きな役割を果たしました。

1/3ページ

最終更新:9/9(金) 19:10

ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

最新ITサービス使いこなしガイド
ビジネス向けガジェット/ツール紹介
いま使える節約マネーハック術
モチベーションを上げるマインドハック