ここから本文です

マイナス金利で縮小相次ぐ「一時払い終身保険」、主流は“ミドルリスク・ミドルリターン型”に?

オトナンサー 9/9(金) 10:31配信

 低金利時代の運用先として人気がある「一時払い終身保険」ですが日銀のマイナス金利政策を受けて、生命保険各社が販売停止や縮小、保険料引き上げなどに動いていることが連日のように報道されています。

 7月に開かれた生保各社の総代会(株主総会)では経営トップが自ら、「一時払い終身保険の販売を停止せざるを得ない」と発言するなど一時払い終身保険の運用先である国債の利回り低下を招いた、マイナス金利政策への疑問が噴出したといいます。

 この一時払い終身保険にはそもそも、どのようなメリットがあり、どうして今“危機”にあると言われるのでしょうか、また、資産運用に関心がある人は、どのような心構えや行動が必要になるのでしょうか。

 ファイナンシャルプランナー(FP)の中尾剛さんと一緒に考えます。

マイナス金利は人気のローリスク型に打撃

 中尾さんによると、一時払い終身保険には死亡保障があるほか、一定の期間を過ぎると元本以上の解約返戻金をもらえることが人気の理由といいます。「株式投資のように劇的に増える可能性はないもののローリスク・ローリターンの運用先として、元本保証好きの日本人に好まれています」(中尾さん)。

 銀行の普通預金金利が「0.001%」、定期預金金利が「0.01%」という、この超低金利時代にあっても、一定の利回りを維持する一時払い終身保険。最近では、団塊世代の退職などに伴い、退職金の運用先として人気があるほか、相続税対策として利用する人も多いといいます。

 しかし、日銀のマイナス金利政策導入に伴い、一時払い終身保険の運用先である10年物国債の利回りがマイナスに。生保各社は、保険料を国債で運用しても利回りが見込めず、契約者に約束した額の支払いが困難になるため、保険料アップや販売の停止、縮小などを検討せざるを得ないといいます。

FPが指南「長期保有が大切、ただしリスク理解を」

 それでは一時払い終身保険は今後、市場から姿を消してしまうのでしょうか。中尾さんは「元本が保証される運用先として今後も人気は継続するでしょう」と話します。ただし日本国債で運用するこれまでの「円建て」の一時払い終身保険ではなく、今後は「外貨建て」や「変額保険」の商品が中心になる見込みといいます。

 「外貨建て」は海外国債を中心に運用するもので、米ドルや豪ドルなどの外貨ベースで元本が保証されるもの。一方の「変額保険」は円建てですが、国債ではなく社債や株式で運用するため元本割れのリスクがあるそうです。

 しかし中尾さんは「このマイナス金利時代、従来のローリスク・ローリターン(円建て)でお金は増えないため、ミドルリスク・ミドルリターン(外貨建て・変額保険)で一定のリスクを取る必要があります」と話します。

 ただし「外貨建て」は為替変動リスクを理解し、「変額保険」は社債や株式のプラス面とマイナス面を理解する必要があるとのこと。中尾さんは「一時的に元本割れする可能性はありますが一喜一憂せずに長期保有することが大切。そのためには『使うお金』と『増やすお金』を分けて、生活資金以外を計画的に一時払い終身保険に充てましょう」とアドバイスしています。

オトナンサー編集部

最終更新:9/9(金) 10:31

オトナンサー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。