ここから本文です

ケイティ・ペリー、オーランド・ブルームとの遠距離恋愛に不満?

VOGUE JAPAN 9/9(金) 23:00配信

ケイティ・ペリーはオーランド・ブルームの家が遠すぎることに不満を持っているようだ。オーランドには嫌なことがほとんどないというケイティだが、自宅のあるロサンゼルスからオーランドの住むマリブへの道のりには我慢ならないのだという。

ケイティ・ペリーの関連フォトギャラリー

ケイティは『WWD』のインタビューの中で、「私の彼はマリブに住んでいるんだけど、その道のりに慣れるまでには『冗談でしょ?どんな人生なの?』って気分だったわ。ふらっと立ち寄るとかなんてできないし、マリブには慣れないの。あと半分も行けば故郷のサンタバーバラまで着いてしまうほどの距離だから、だったらサンタバーバラに行ってしまおうって気になるの。海辺に住んでロスにも出やすいっていう考えは理解できるわ。でも正直言って遠すぎるの。(ロスに住んでいる人は)誰も遊びに来てくれないもの」と語った。

そんな不安をもらしたケイティだが、実際にはオーランドの自宅で半同棲状態のため、その長い道のりで通う必要もないようだ。ある関係者は「ケイティはオーランドのマリブの家で同棲しているも同然です。自分のクローゼットもありますし、専用のバスルームもあるくらいです。唯一欠けているものといえば飼い猫たちですね。オーランドは犬を飼っているので連れて来られないんです。まだハリウッドにも自宅を持ってはいますが、ほとんどそこにはいませんね」と話していた。

Text by Bangshowbiz

最終更新:9/9(金) 23:00

VOGUE JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

【VOGUE JAPAN】

コンデナスト・ジャパン

2017年1月号
2016年11月28日発売

700円(税込み)

「超豪華!国内外の「OVER THE TOP」な女性たちの大特集
「Women of the Year」、「VOGUE BEAUTY AWARD」を発表」

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。