ここから本文です

ニコラス・ケイジ、サメと闘う──「米海軍史上最大の惨劇」が映画化

WIRED.jp 9/9(金) 11:10配信

大画面に映し出される緊迫のアクション映画がなければ、本当の夏とは言えない。そして、ここ数カ月間のヒット作不足を考えると、観客たちは今夏は運が悪かったといえるだろう。
アメリカの映画ファンたちが観たかったのは、莫大な予算を投じたアクション映画、爆発と正義を織り込んだ作品だ。つまりスローモーションで闊歩する国防の英雄、スーツに身を包んで悪事を企てる権威者たち、そして、たぶんサメだ。
われわれの要求は、ニコラス・ケイジの耳に届いたようだ。そして彼は応えてくれた。マリオ・ヴァン・ピーブルズ監督による新作『USS Indianapolis: Men of Courage』では、ケイジがそのワイルドなスタイルで主人公を演じている。

【映画予告編、動画はこちらから】

主人公は、チャールズ・B・マクヴェイ3世。太平洋戦争末期に日本軍によって撃沈された重巡洋艦「インディアナポリス」の船長だった人物である。

マクヴェイの船は1945年7月26日、その後広島、長崎に投下されることになる原子爆弾の部品をテニアン島に輸送したあと、7月30日にフィリピン海で日本軍の潜水艦によって撃沈。約900人の生存者が5日間にわたって太平洋に取り残された(1196名の乗組員の内およそ300名が攻撃によって艦上で死亡。約900人の生存者は救命艇も無いまま海面を漂流した。偶然通りかかった軍用機に発見されて救助活動が行われたが、最終的な生存者は約300名だった)。

マクヴェイは事故の責任を問われ、1945年11月、軍法会議で有罪判決を受けている(翌46年ににその判決は撤回されたが、死亡した乗組員の遺族たちに批判され続けたこともあり、68年に自殺している)。

インディアナポリスに起こったことは、米海軍史上、最悪の惨事だった。しかし、それを映画化した本作品のトレーラー第1弾では、この大惨事を上質なアクション映画として見ることができる。激高するケイジが繰り広げる運命との戦い、そして、もちろんサメとの戦いを。

CHARLEY LOCKE

最終更新:9/9(金) 11:10

WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.26』

コンデナスト・ジャパン

2016年12月10日発売

630円(税込み)

特集:新しい映像。新しい物語。ヴィジュアル・ストーリーテリングの新時代を伝える「WIRED TV」特集。映像はいま何を語り、どんな体験をもたらしうるのか。