ここから本文です

レスター、ブレる今夏の補強戦略…岡崎は昨季の5得点越えなるか【欧州主要クラブ補強診断】

フットボールチャンネル 9/9(金) 7:10配信

現地時間8月31日、欧州主要リーグの移籍市場が締切を迎えた。この夏も各チームで様々な移籍があったが、それぞれ主要クラブの補強はどうだったのだろうか。今回は日本代表FW岡崎慎司が所属するレスター・シティの補強を占う。

【動画】レスター優勝の公約 パンツ一丁で番組に登場したリネカー氏

主な移籍一覧

IN
GK ロン=ロベルト・ツィーラー(ハノーファー)
DF ルイス・エルナンデス(スポルティング・ヒホン)
DF ヨアン・ベナルアン(フィオレンティーナ/期限付き移籍から復帰)
MF ナンパリス・メンディ(ニース)
MF バルトシュ・カプシュトカ(クラコヴィア)
FW アフメド・ムサ(CSKAモスクワ)
FW イスラム・スリマニ(スポルティングCP)

OUT
GK マーク・シュウォーツァー(未定)
DF ポール・コンチェスキー(ジリンガム)
DF リッチー・デラート(アストン・ヴィラ)
DF リアム・ムーア(レディング)
DF トム・ローレンス(イプスウィッチ/期限付き移籍)
MF ディーン・ハモンド(シェフィールド・ユナイテッド)
MF エンゴロ・カンテ(チェルシー)
MF ギョクハン・インレル(ベジクタシュ)
FW アンドレイ・クラマリッチ(ホッフェンハイム)

今シーズンの展望

 昨季開幕前、誰も予想だにしなかったプレミアリーグ優勝を成し遂げ、「奇跡のチーム」として称賛を集めたレスター。しかし、そんな奇跡を2年連続で起こせるほどこのリーグは簡単ではない。

 小規模クラブが躍進すると漏れなくメガクラブからの草刈り場となるのがフットボール界の常というもので、この夏の移籍市場では“奇跡の立役者”の多くがターゲットとなった。

 チーム得点王のジェイミー・ヴァーディー、リーグMVPのリヤド・マフレズはそれぞれアーセナル移籍確実とまでいわれていたが、寸前のところで契約を延長して移籍を阻止。主力の流出はチェルシーへ移籍したエンゴロ・カンテのみに留めた。

 しかし、この唯一の穴が非常に大きい。ちょうど1年前は全くの無名だった小兵MFは、無尽蔵のスタミナでピッチを駆け回って相手の攻撃の芽を潰し続け、リーグ優勝における“影のMVP”の呼び声も高かった。

 その穴は昨季の冬に獲得したダニエル・アマーティとこの夏の新戦力ナンパリス・メンディが埋めることになるのだが、この2人がどこまでその務めを果たせるかは注目だ。生え抜きで10番のアンディ・キングも候補のひとりだが、今季も出場機会は不透明だ。

 補強方針も疑問が残る。これまでクラブ最高額の移籍金はマインツから獲得した岡崎慎司だったのだが、この夏にはメンディ、アフメド・ムサ、イスラム・スリマニと計3回もクラブの移籍金記録を更新した。

 これは優勝チームを作り上げた敏腕スカウトのスティーブ・ウォルシュ退団が原因によるものだが、クラブ伝統の補強戦略からの“ブレ”を感じずにはいられない。昨夏は補強に3269万ポンド(約44億1315万円)を費やしたが、今季はちょうど2倍の6588万ポンド(約88億9380万円)を移籍市場に投じている。

 もちろん、岡崎の活躍にも期待はかかる。昨季のリーグ5得点という結果は本人も満足しておらず、今季はそれ以上の得点数が求められる。チャンピオンズリーグ(CL)にも出場することで試合数も増えることが予想されるが、いかに継続的に良好なコンディションを整えて試合に出続けられるかが重要となる。

 昨季はリーグ王者に輝いたが、岡崎以下、クラウディオ・ラニエリ監督も今季の目標は「残留」を掲げている。それだけに、今季も目の前の試合をひとつひとつこなしていくことが求められる。

1/2ページ

最終更新:9/9(金) 7:17

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。