ここから本文です

「Googleフォーム」でプレイする、謎のアドヴェンチャーゲーム

WIRED.jp 9/9(金) 11:10配信

インターネットの興味深い短所は、オンラインでつくられたプラットフォームの大半は、最終的に予想外の方向に手を加えられてしまうことである。「Googleフォーム」でつくられた無料のインタラクティヴフィクションゲーム「All Your Time-Tossed Selves」の世界に足を踏み入れてみよう。

【ゲームはこちら(記事内にリンク)】

アンケートのフォーマットは、作者のポーペンタインが得意とする、写象主義的な詩によく合っていることがわかる。Googleフォームが提供するのは、ミニマルで、事務的なプラットフォームだ。そこでは、文章の小さな切れ端という、美しいパーツから組み立てられた選択肢が示されている。

ポーペンタインの数多いインタラクティヴなフィクション作品と同様、身動きがとれず手遅れになるまでの間は、そこで何が起こっているのかをプレイヤーがはっきりと知ることはできない。それが何なのか、あなたが少しでも理解できたとすれば、それこそが作品の中身だ。

ただ、透明性の欠如はゲームデザインの一部でもある。この不透明性が、ポーペンタインの創作の多くがもつ美しさや哀愁を強調しているのだ。

JAKE MUNCY

最終更新:9/9(金) 11:10

WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.26』

コンデナスト・ジャパン

2016年12月10日発売

630円(税込み)

特集:新しい映像。新しい物語。ヴィジュアル・ストーリーテリングの新時代を伝える「WIRED TV」特集。映像はいま何を語り、どんな体験をもたらしうるのか。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。