ここから本文です

郊外団地での思わぬ「出会い」が、 人生の忘れられない一瞬になる……『アスファルト』 [FRaU]

講談社 JOSEISHI.NET 9/9(金) 20:00配信

フランスの郊外にある古びた団地(「マンション」と呼べる雰囲気はゼロ)を舞台に、3組のドラマが同時進行する本作は、人生の哀愁や、ディスコミュニケーション、皮肉なユーモア、そして人と人の本心での関わりなどがバランスよく散りばめられ、あちこちで胸の奥をツーンと刺激します。大げさに盛り上げるのではなく、サラリとした描き方によって、逆に忘れがたいホッコリした後味を残してくれるのです。

車椅子生活になってしまった中年男と看護師の恋に、中年女優に勇気を与える自由気ままな青年のドラマ、そして団地の屋上に「不時着」したアメリカ人宇宙飛行士と移民女性の交流。3つのストーリーは、どれもやや極端なシチュエーションで、観る人それぞれ、感情移入のツボも異なるはず。でも必ず、登場人物の誰か、あるいは状況のどれかに、深い部分で共感してしまう。「団地ムービー」としての本作の成功の要因は、そこにあるのでしょう。

あえてひとつ挙げるなら、言葉も通じない宇宙飛行士を親切にもてなすマダム・ハミダのエピソード。その微笑ましさは、おそらくトップの共感度かと思われます。英語とフランス語でまったく会話は噛み合ないのに、人間として飛行士をもてなすマダムの行動は、母性愛にもあふれ、観る者をやさしい気持ちにさせてくれます。思いも寄らぬ出会いが、人生の大切な財産になる……。これまでも多くの映画で描かれてきたそんなテーマが、素直に心にしみわたる、フランス映画からの贈り物です。

『アスファルト』
ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテ(モーニングショー)、シネ・リーブル池袋ほか全国順次ロードショー公開中

最終更新:9/9(金) 20:00

講談社 JOSEISHI.NET

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。