ここから本文です

「正社員になれない」「希望職種につけない」が当然化…実感なき「雇用情勢の好転」

Business Journal 9/9(金) 6:03配信

●「一般事務の正社員」という希望がかなう可能性は22%しかない

 8月30日、7月の有効求人倍率と完全失業率が発表された。全国の有効求人倍率は1.37倍。新規求人倍率は2.01倍。4月から4カ月連続で、全都道府県で1倍を超えている。完全失業率は3.0%だった。5月は3.2%、6月は3.1%だったので、1カ月に0.1ポイントずつ下がっている。数字の上では日本の雇用情勢は好転している。

 しかし、雇われても正社員になれるとは限らない。厚生労働省の「一般職業紹介状況」によると、雇用形態を「正社員」に限定すると有効求人倍率(季節調整値)は0.88倍で、単純計算では正社員を希望する人100人中12人は、その希望がかなわない。リーマンショック直後の2009年には0.25倍で4分の1しか希望がかなわなかったが、それより改善したとはいえ、意に沿わない働き方をしている人はいまだに数多く存在している。

 さらに、希望する職種の偏りという問題がある。7月の厚生労働省の「職業分類」ごとの有効求人倍率(常用・除パート)を見ると、次のようになっている。

・管理的職業:1.35倍
・専門的・技術的職業:1.86倍
・事務的職業:0.33倍
・販売の職業:1.46倍
・サービスの職業:2.32倍
・保安の職業:5.83倍
・農林漁業の職業:1.02倍
・生産工程の職業:1.14倍
・輸送・機械運転の職業:1.85倍
・建設・採掘の職業:3.34倍
・運搬・清掃・包装等の職業:0.44倍

 このなかで、最も求職者が多いのは「事務的職業」で有効求職数が36万9479もある。それに対して有効求人は12万1636しかない。事務的職業の職種を細かく分けると、「一般事務」が最多で、有効求職数30万5592に対し有効求人数は7万6801で、その有効求人倍率は0.25倍。つまり4人のうち3人は「一般事務の仕事がしたい」という職種の希望がかなわない。

 有効求人倍率が1倍を超える他の職種はどうかというと、たとえば「管理的職業」つまり中間管理職は、他の企業で課長や部長をやっていた経験が問われるのがふつう。「建設・採掘の職業」は慢性的な人手不足だが、建設業などは必要な資格を取らないと仕事につけないことが多い。「保安の職業」「輸送・機械運転の職業」も事情はほぼ同じである。

1/4ページ

最終更新:9/9(金) 6:03

Business Journal

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。