ここから本文です

2年前に引退した”米国のレジェンド”が現役復帰。代表の最多得点記録を持つ34歳

フットボールチャンネル 9/9(金) 7:40配信

 2014年に現役引退を発表した34歳の元アメリカ代表FWランドン・ドノバンが現役復帰し、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシーに加入することになった。

【写真】美の競演…世界の美女サポーターたち

 クラブのオフィシャルサイトでも同選手の紹介ビデオを掲載している。また、契約期間は今季終了までとなっており、2014年以来2年ぶりにMLSでのプレーが実現することになる。

 ドノバンは2005年から2014年までの9年間LAギャラクシーに在籍した経験があり、MLSのシーズン終了後にはバイエルン・ミュンヘンやエバートンなどで短い期間だけプレーするなどしていた。

 アメリカ代表としては通算157試合に出場し57得点を記録。これは代表の歴代最多得点記録であり現在も保持している。2008年にはMLS得点王、2009年にはMLS最優秀選手賞を受賞するなど数多くの個人タイトルを獲得しており、”アメリカのレジェンド”として知られる存在だ。

フットボールチャンネル

最終更新:9/9(金) 12:24

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。