ここから本文です

現役復帰した”米国のレジェンド”、LAギャラクシー再加入までの経緯について語る

フットボールチャンネル 9/9(金) 8:46配信

 2年前に現役引退を表明した34歳の元アメリカ代表FWランドン・ドノバンが現地時間8日、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシー加入が決まり現役復帰を果たした。それに伴い、自身のフェイスブックで”現役復帰に至った経緯”について説明している。

【写真】美の競演…世界の美女サポーターたち

 まず最初に「MLSの残りのシーズンをプレーするため、古巣のLAギャラクシーに再び参加することができて非常に嬉しい。この決定は、大きな衝撃を与えたかもしれない。なぜ、このような経緯に至ったかについて説明したいと思う」と語り、LAギャラクシーに加入できたことを喜んでいる。

 続けて「2週間前、私は解説者としてバンクーバー・ホワイトキャップス対ロサンゼルス・ギャラクシーの試合を担当していた。その試合で、LAギャラクシーは3選手も怪我を負った選手がいる。その数日後に今度はナイジェル・デ・ヨングがガラタサライに移籍した。LAギャラクシーは残りのシーズンで厳しい戦いを強いられることになった」と、負傷者が続出したことで危機を感じたことを明かしている。

「引退してからも、私はクラブのスタッフと相変わらず良い関係を保っていた。私はその週、そのうちの何人かと話をして”負傷した選手が離脱した場合、空白を埋めるためにフィールドに戻る準備ができているかい”と冗談で言ってきたんだ。私はほぼ2年間プレーしていないし、本当に埋めることはできるんだろうかと感じたけどね」

 バンクーバー戦ではスティーブン・ジェラードやギャシ・ザーデスなどが負傷交代している。その後、デ・ヨングが退団した。こうした状況を踏まえ、スタッフと話をするうちに「真剣に考えるようになった」とのこと。シーズン終了までの短い期間だが、”アメリカのレジェンド”復帰は世間に大きな衝撃を与えることになりそうだ。

フットボールチャンネル

最終更新:9/9(金) 10:43

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。