ここから本文です

ドゥニ・ヴィルヌーヴ最新作、『メッセージ』の邦題で2017年に公開へ 主演はエイミー・アダムス

リアルサウンド 9/9(金) 12:01配信

 『プリズナーズ』『ボーダーライン』のドゥニ・ヴィルヌーヴ監督最新作「Arrival」が、『メッセージ』の邦題で2017年に公開されることが決定した。

 本作は、優れたSF作品に贈られる文学賞ネビュラ賞を受賞した、テッド・チャンの短編小説「あなたの人生の物語」が原作のSFドラマ。突如出現した未知なる飛行体と意思疎通をはかるため、言語学者のルイーズが、“彼ら”が人類に何を伝えようとしているのかを探る模様を描く。

 『アメリカン・ハッスル』のエイミー・アダムスがルイーズ役を演じるほか、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』のジェレミー・レナー、『ラストキング・オブ・スコットランド』のフォレスト・ウィテカーらが共演に名を連ねている。脚本は、『ライト/オフ』のエリック・ハイセラーが手がけた。

 なお、本作は、現在開催中の第73回ヴェネツィア国際映画祭のコンペティション部門に出品されている。

リアルサウンド編集部

最終更新:9/9(金) 12:01

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。