ここから本文です

『クレしん』『ぷよぷよ』『ソニック』『スパロボ』……SMAPと同じ“25周年”のアニメ・ゲーム作品たち

おたぽる 9/9(金) 21:00配信

 今年いっぱいでの解散を発表した国民的アイドルグループ・SMAPが、9日にデビュー25周年を迎えた。公式的なイベントなどはないものの、TwitterではSMAPを祝う声が続々と上がっている状態だ。

 SMAPは、1991年9月9日に「Can’t Stop!!‐LOVING‐」(ビクターエンタテインメント)でCDデビュー。3次元に興味のないオタクといえど、彼らの活躍ぶりは説明するまでもないと思うが、今回はアニメやゲームオタク向けに、SMAPと同じく“今年25周年を迎えたオタク作品”を紹介していきたい【注:今回は、25周年企画を展開している作品のみピックアップ】。やはり、SMAPと同様に25年も愛されているだけに、どれも名作ばかり……と思わせる作品が名を連ねる結果となった。

■『クレヨンしんちゃん』
言わずと知れた国民的アニメの『クレヨンしんちゃん』。今年4月に25周年を迎えたことを記念して、「クレヨンしんちゃん 25周年プロジェクト」を展開中だ。先月行われたイベントで、「これからも5歳児、続けますんで、よろちくび~」と宣言したしんちゃん。もうしんちゃんも5歳児を25年もしているのか……と思うと感慨深い。

■『ぷよぷよ』
91年10月25日にシリーズ1作目が発売された『ぷよぷよ』。誰もが一度はプレイしたことがあるのではと言っても過言ではない落ち物パズルゲームだ。25周年を記念して、12月8日にニンテンドー3DS用『ぷよぷよクロニクル』が発売されるので、この記念にまたプレイしてみるのも良いかもしれない。

■『ソニック』
セガのマスコットキャラのソニック。日本だけでなく海外からの知名度も高く、任天堂のマリオと同様に“世界で最も知られたビデオゲーム・キャラクター”と有名。オリンピックシーズンになると発売される『マリオ&ソニック』シリーズでもおなじみだ。ただ、ソニックはリオ五輪での「安倍マリオ」映像では、出演が叶わなかったが……。現在、25周年企画としてイベントが開催されたり、グッズが販売されたりしている。

■『スーパーロボット大戦』
91年4月20日に第1作目が発売された『スーパーロボット大戦』。この25年の間、新作だけでなくリメイクや移植を繰り返し、数え切れないほどのタイトルが発売されている。14年の時点で、シリーズ累計出荷本数が1,600万本を突破しているからさすがだ。今年は、25周年企画として、イベントが開催されたり、新作タイトルが発売されている。

■『聖剣伝説』
91年6月28日に、『ファイナルファンタジー』の派生作としてシリーズ1作目『聖剣伝説 ~ファイナルファンタジー外伝~』が発売された『聖剣伝説』シリーズ。25周年を迎えた際、スクエニの小山田プロデューサーが公式Twitter(@Seiken_PR)で「色々と進んでいるものがあるものの、発表できるのはもう少し先になりそうです」と発言しているだけに、今後の展開に期待したいところだ。

■『グラップラー刃牙』
現在も「週刊少年チャンピオン」で続編『刃牙道』が連載中の『グラップラー刃牙』(すべて秋田書店)。先日、25周年を記念してアニメ化企画が始動することが発表された。『グラップラー刃牙』は94年にOVA、01年にテレビシリーズが制作されたが、アニメの評価は低め。原作のパワーに負けない新作アニメとなるか、期待したいところだ。

■『GS美神 極楽大作戦!!』
『絶対可憐チルドレン』で知られる椎名高志が91~99年に「週刊少年サンデー」で連載していた『GS美神』(すべて小学館)。ネット上では“黒歴史”とされてしまっているが、93年放送のアニメは最高で18%を記録している。25周年を記念して、アニメのBlu-ray BOXが販売されたり、椎名高志の原画展が開催された。

最終更新:9/9(金) 21:00

おたぽる

なぜ今? 首相主導の働き方改革