ここから本文です

ミランで“高額なベンチ要員”と化す本田 イタリア紙は3戦連続ベンチスタートと予想

Football ZONE web 9/9(金) 16:54配信

本田が争う右ウイングには、開幕から3戦連続となるFWスソの起用が濃厚か

 日本代表の一員としてワールドカップアジア最終予選の2試合を戦ったACミランのFW本田圭佑は、タイからイタリアに戻って全体練習に合流したものの、週末のリーグ戦ではあえなくベンチスタートと予想されている。イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」などが報じた。

【写真&リスト一覧】ハリルジャパン全27選手「最新推定市場価格ランキング」

 ミラン専門のニュースサイト「milannews.it」は、8日の現地時間16時から行われたミランのトレーニングにおいて、日本代表の活動から戻った本田が問題なく全体練習に合流したとレポートした。しかし、スタメンの座は依然として遠いようだ。

 前節に退場処分を受けたMFユライ・クツカとFWエムベイエ・ニアングが出場停止となる11日の本拠地ウディネーゼ戦に向けて、ガゼッタ紙は前線の一角にイタリア代表MFジャコモ・ボナベントゥーラがシフトする布陣を予想している。

 最終ラインには開幕トリノ戦の終了間際に退場処分を受け、前節が出場停止だったDFガブリエル・パレッタが戻ると見られる。そしてクツカを欠き、ボナベントゥーラを前線に回した中盤には、今夏の移籍市場で獲得したアルゼンチン代表招集歴を持つMFホセ・ソサがデビューするとしている。主将のイタリア代表MFリッカルド・モントリーボに加え、MFアンドレア・ポーリも予想スタメンに名を連ねた。

 前線はボナベントゥーラが左に入り、コロンビア代表FWカルロス・バッカが中央。そして、本田が争う右ウイングには開幕から3戦連続となるFWスソのスタメンが予想されている。ガゼッタ紙はミランのスタメンにパーセンテージは使わず、このスタメンで確実だという形で予想メンバーを報じた。

本田はミランで3位タイの年俸と現地紙

 日本代表では不動のレギュラーも、所属のミランでは開幕2試合続けてベンチから90分間を見守った。前節のラツィオ戦ではリードを許す展開でも声が掛からず、チームでの苦しい立場が浮き彫りになっている。

 先日の同紙の報道によると、本田はミランの中で3位タイにあたる高額年俸を受け取っているとされる。“高額なベンチ要員”という現状を打破するには、少ないチャンスで目に見える結果を残すしか道はなさそうだ。はたして週末のゲームで、ピッチに立つミランの「10番」を見ることはできるだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9/9(金) 16:54

Football ZONE web