ここから本文です

“ネスタの後継者”を巡る名門クラブ間の熾烈な綱引き ミランが意地の「ノー」で放出拒否

Football ZONE web 9/9(金) 17:47配信

元イタリア代表監督から誘いを受けたロマニョーリ。40億円のオファーもミランは拒絶

 今夏の移籍市場でチェルシーに就任したアントニオ・コンテ前イタリア代表監督から熱心な誘いとオファーを受けながらも、最終的にACミラン残留を決めたイタリアU-21代表DFアレッシオ・ロマニョーリが、一連の移籍騒動について語っている。イタリアのサッカー情報サイト「カルチョメルカート・コム」が報じた

伊メディア特集 本田所属の名門ミラン、ベルルスコーニ政権に栄光をもたらした名手トップ10

 昨季ローマからミランに加入したロマニョーリは、まだ若さから来る不安定さがあると指摘されながらも、1シーズンをレギュラーとしてプレー。かつてミランやイタリア代表でプレーした名センターバックであるアレッサンドロ・ネスタ氏の後継者とも評され、チェルシーから3500万ユーロ(約40億円)とも言われる高額オファーを受けている。しかし、ミラン側がそのオファーを拒絶した。資金難問題が浮上した今夏のミランだが、意地の「ノー」を突き付けた形だ。

「チェルシーからオファー受けたことには感謝しているし、嬉しいよ。だけど僕は、ミランが『ノー』を言ってくれたことに満足しているんだ。僕がより成長していくために、ミランが決断してくれたことが背中を押してくれると思う」

 ロマニョーリは、クラブのサポート受けながら、ミランでのさらなる成長を誓う。イタリアの名将から届いたオファーに感謝しつつも、ミランの決断が自分にとってプラスになると考えているという。

ユベントスに後れを取っていると復権誓う

 ミランのディフェンスリーダーになるべき存在として期待される男は、リーグ5連覇を成し遂げたユベントスとの差を認め、まずはヨーロッパカップ戦への参戦を重視している。ミランは昨季7位に終わり、イタリア杯決勝でもユベントスに敗れており、3季連続で国内の戦いのみを続けてきた。

「僕たちは確実にユベントスに後れを取っている。それは疑いの余地がないね。だが、それは僕たちの問題であり、僕たちは自分たちの成長に集中するしかないんだ。今シーズンを、僕らは素晴らしいものにしなければいけない。ミランはあまりにもヨーロッパのカップ戦から離れ続けているし、今季の僕らのノルマはそこにある」

 リーグ開幕2戦を1勝1敗で終えたミランだが、今夏の移籍市場では中国資本に株式99パーセント以上を売却したものの正式な手続きが間に合わず、その資金を強化に投下できなかった。ビッグネームの補強もなく苦しい状況だが、冬の移籍市場からはチャイナ・マネーの恩恵を受けて“大型補強”が期待されている。

 前線のビッグネームを獲得するにせよ、最終ラインの安定化が不可欠。金欠状態でもミランが意地を見せて売却しなかった“ネスタの後継者”は、今後のミランを支える屋台骨になっていくはずだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9/9(金) 17:47

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ