ここから本文です

マンチェスターダービーに潜む“危険性”。似た者同士のモウリーニョとペップ、腐れ縁が導いた「監督対決」

フットボールチャンネル 9/9(金) 10:40配信

現地時間10日、プレミアリーグ第4節でマンチェスター・ユナイテッドとマンチェスター・シティによる“マンチェスター・ダービー”が早くも対決する。最大の注目は何といってもジョゼ・モウリーニョとペップ・グアルディオラによる「監督対決」だ。これまで何度も激突し、強い因縁を持つ似た者同士による大一番には、シーズンの今後を左右する危険性が潜んでいる。(取材・文:山中忍【ロンドン】)

【写真】美の競演…世界の美女サポーターたち

通算172回目のマンチェスター・ダービーは「超大物新監督対決」に

 9月10日のユナイテッド対シティは、通算172回目のマンチェスター・ダービー。だが実際には、マンチェスターにおける「超大物新監督ダービー」第1弾と理解されている。言わずと知れた、ジョゼ・モウリーニョとペップ・グアルディオラの対決だ。

 両監督の他にも気になる要素はある。ユナイテッドでは、モウリーニョの下で出番がなかったマーカス・ラッシュフォードがベンチを出て決勝点を上げた前節ハル戦(1-0)で存在をアピール。前線の人選に嬉しい悩みかと思きや、指揮官が「9.5番」と見定めているウェイン・ルーニーは、スロバキア戦でのワールドカップ予選からMFとして90分間を終えて戻って来た。

 一方のシティでは、エースのセルヒオ・アグエロが前節ウェストハム戦(3-1)での肘打ちに対する後追い制裁で出場停止。ケビン・デ・ブライネかラヒーム・スターリングの「偽9番」起用もあり得る。守備面では、最終ラインのリーダーであるバンサン・コンパニの復帰が間に合うかもしれない。

 それでもやはり、主題は両軍新監督のプレミア初対決。その注目度たるや、筆者が住む西ロンドンにあるパブの『クイズ・ナイト』(週1回)で、「ユナイテッドとシティの新監督は、片方が過去16度の直接対決で圧倒的に優勢。その名前は?」という質問が含まれていたほどだ。

 答えは、7勝3敗6分の「ペップ・グアルディオラ」。但し当人は、前節を終えた時点で「まだ今季のユナイテッド戦は一度も観ていない」と語り、ダービーを特別視はしていない素振りを見せている。対するモウリーニョも、就任当初から「プレミアでは、シティ戦だけを意識していたら他クラブに足下をすくわれる」と発言していた。

1/2ページ

最終更新:9/9(金) 11:03

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。