ここから本文です

ガンズ・アンド・ローゼズ、再結成で120億円の荒稼ぎ

女性自身 9/9(金) 20:50配信

1993年以来、初の再結成を果たしたガンズ・アンド・ローゼズ。6月23日にスタートし、北米21カ所のスタジアムを行脚したツアーは、8月22日に千秋楽を迎えた。100万人以上のファンが、23年ぶりに同じステージに立つアクセル・ローズとスラッシュ、ダフ・マッケイガンの3人を目撃したことになるが、このツアー終了までにバンドに転がり込んだ収入はおよそ1億1,700万ドル(約119億5,300万円)にものぼるとBillboard.comが報じている。

まず、4月8日と9日にラスベガスで行われた再結成記念公演では、28,849席が売り出され、620万ドルを売り上げた。同月にはコーチェラ・ミュージック・フェスティバル、メキシコシティでの単発ライブにも出演している。

6月23日からの「NOT IN THIS LIFETIME...」ツアーで販売したチケット総数は25公演で207万1,524枚。10月からは南米、日本、豪州を巡るワールドツアーが予定されている。すべての日程ですでに前売りは終了しているが、今後一般発売も行われるほか、欧州ツアーも計画されているため、売り上げがさらに伸びることは確実だ。

日本公演は来年1月、京セラドーム大阪とさいたまスーパーアリーナで行われる。

最終更新:9/9(金) 20:50

女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2717号・2月23日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。