ここから本文です

内田篤人、年内にも復帰か。シャルケ医師が明かす「最近のアツトは良い感じ」

フットボールチャンネル 9/9(金) 10:45配信

 シャルケの日本代表DF内田篤人は、年内にも実践に復帰するかもしれない。独メディア『フースバル・ニュース』が伝えている。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 内田は重度の右膝の負傷に苦しめられており、クラブでは2015年3月に行われたリーグ戦を最後に出場できていない。実践からはおよそ1年半遠ざかっており、昨季は1度もリーグ戦に出場していない。

 しかし、復帰の時期も近づいているという。シャルケのクラブドクターを務めるアクセル・シュスター氏は、同メディアに対して語った。

「最近のアツトは良い感じだ。彼は日本で調子を取り戻した。もし全てが順調に進めば、今年中にはプレーできるだろう。我々は待っているが、注意している」

 復帰に向けたリハビリを続けるも、復帰と離脱を繰り返してきた内田。最近では日本で治療を進めており、本人も常々復帰に向けては焦ることなく慎重な姿勢を見せている。

 内田が離脱している間、シャルケは右サイドバックのポジションを積極的に補強しており、昨季はルドゴレツからジュニオール・カイサラ、今季はセビージャからコケを獲得している。

 日本代表でも酒井宏樹や酒井高徳が定位置を掴みつつあり、復帰後はクラブでも代表でも激しいポジション争いが待っているかもしれない。

フットボールチャンネル

最終更新:9/9(金) 11:53

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。