ここから本文です

200億円強の大型移籍が成立間近だった? ネイマール代理人が暴露もPSGが真っ向から否定

Football ZONE web 9/9(金) 21:20配信

PSGはバイアウト契約の222億円、年俸47億円を支払うつもりだったとされるが…

 地元開催のリオデジャネイロ五輪でブラジルを初の金メダルに導いたFWネイマール(バルセロナ)。そんな彼の周囲で思わぬバトルが発生している。フランス紙「レキップ」はネイマールの代理人が暴露したとレポートし、パリ・サンジェルマン(PSG)がネイマールに対して年俸4000万ユーロ(約47億円)のメガオファーを提示という内容を明かした。その一方で、PSGが真っ向から否定の声明を出すという事態に陥っている。

【写真一覧】欧州サッカーを彩る美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 レキップ紙は、スポーツ専門放送局「ESPNブラジル」の番組内でネイマールの代理人であるワグネル・リベイロ氏が衝撃の暴露をしたと報じた。

「PSGはバルセロナに対して、バイアウト契約とされている1億9000万ユーロ(約222億円)を支払ったうえで、年俸4000万ユーロを提示した。そのため彼はPSGへの移籍に近づいたが、最終的にはバルセロナを離れたくない思いで、より給料の安いバルセロナに留まったんだ」

 今夏の移籍市場でユベントスからマンチェスター・ユナイテッドに移籍したフランス代表MFポール・ポグバの1億500万ユーロ(約123億円)が、フットボール史上最高額の移籍金レコードを更新したとされる。しかし、PSGがバルセロナに対して支払おうとしていた総額は、その2倍近いものであったという。

PSG側は「全面的にウソ。下品だ」と非難

 もっとも、国内でも有力なレキップ紙のレポートに対し、PSGは真っ向から事実関係を否定。代理人による年俸吊上げ策だと非難している。

「それは全面的にウソの言葉であり、恥ずべきものだ。ネイマールと代理人は、バルセロナから年俸をより多く受け取るために我々を利用しただけ。下品なレポートだ」

 バルセロナと2021年まで契約を更新したネイマールは、舞台裏でPSGの札束攻勢をかわしていたのだろうか。いずれにせよ、ネイマールを獲得しようとするクラブは日本円にして実に200億円以上の予算を用意する必要があるのは間違いないようだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9/9(金) 21:20

Football ZONE web