ここから本文です

“ピピ”こと中井卓大くん、レアルU-14に昇格「プレーが心の底から楽しい」

フットボールチャンネル 9/9(金) 11:30配信

 “ピピ”の愛称で知られる日本人MF中井卓大くんは、今季もレアル・マドリーでプレーするようだ。クラブ公式サイト上で下部組織の「インファンティルA」に昇格したことが明らかになっている。

何度でも見たくなる!! 久保建英くんのスゴさがわかる動画

 今年10月に13歳を迎える中井くんは、同い年の選手たちとともにU-14のカテゴリである「インファンティルA」の一員となった。入団1年目の一昨季からアレビンA、インファンティルB、インファンティルAと毎年順調に昇格を続けている。

 クラブ公式サイトに掲載されたプロフィールでは「素晴らしいクオリティとプレービジョンを持ったプレイヤー。チームのために働くことができ、ピッチ上でインテリジェンス溢れる判断とドリブルが持ち味の熟達したMF」と特徴が紹介されている。

 また「チームメイト達とプレーすることが心の底から楽しい」と本人の言葉も添えられた。在籍3年目で周囲との関係も問題ないようだ。

 トップチーム所属のブラジル代表DFマルセロが、中井くんの卓越したテクニックに目を丸くして驚く動画でも話題を呼び、日本でもその存在を知る人が徐々に増えている。このまま順調に成長すれば、「レアル・マドリー所属の日本代表」として“ピピ”の名が世界に轟く日がくるかもしれない。

フットボールチャンネル

最終更新:10/14(金) 12:54

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。