ここから本文です

『スーサイド・スクワッド』ハーレイ・クイン役でブレイク! マーゴット・ロビー、成功への軌跡

リアルサウンド 9/9(金) 16:00配信

 髪はプラチナ・ブロンドのツインテールで、右はピンク、左はブルーのメッシュ。レザーの超ミニなホットパンツに網タイツといういでたちで「GOOD NIGHT(死んじゃえの意)」と印字した金属バットを振り回し、男たちを殺しまくる。DCコミックスの悪党たちがチームを組むアンチヒーロー・アクション『スーサイド・スクワッド』で、史上最強の“悪カワ”ヒロイン、ハーレイ・クインを演じているのが、オーストラリア出身の美人女優マーゴット・ロビーだ。アメリカでは映画が8月に公開されるや、ハーレイ・クイン旋風が巻き起こり、IMDB(インターネットムービーデーターベース)のスターランキングでは上位5に入るほどの注目を集めている。

 1990年生まれの26歳。アメリカに渡ってわずか4年でブレイクを果たしたマーゴット。いわゆるハリウッド・デビューとなったのは、連続ドラマ『PAN AM/パンナム』で、主演のクリスティーナ・リッチの脇で、スチュワーデスのひとり、ローラを演じていた。劇中では、ローラがヌード写真を撮ったことが問題になるなど、当時から脱ぎっぷりの良さも目立っていたが、その時点では、毎年のようにドラマで出てくる典型的なブロンド・ガールという印象。やはり、マーゴットの名前がネクスト・ブレイク・スターとして認知されるようになったのは、『ウルフ・オブ・ウォールストリート』でレオナルド・ディカプリオの妻を演じてからだろう。

 この作品では、もともと女優としてはぽっちゃりめのマーゴットがシャープに体を絞り、予定にはなかったヌードシーンもみずからマーティン・スコセッシ監督に申し出たとか。まさにバービー人形のようなパーフェクトなブロンド美女となり、ディカプリオ演じるジョーダンがみずからの成功の象徴として狂おしいほどに求める女神のような妻ナオミを演じている。余談だが、スコセッシは20年前に『カジノ』で当時を代表する金髪セクシー女優、シャロン・ストーンをロバート・デ・ニーロ演じる主人公の妻役に抜擢している。歴史は繰り返すのだ。

 そして、ウィル・スミスと共演したコン・ゲーム(詐欺師)もの『フォーカス』では、ウィル演じる天才的な詐欺師ニッキーと恋に落ちる女スリ、ジェス役に。こちらではさしずめボンドガール的な役割で、ビキニ姿になったり真っ赤なカクテルドレスを着たりと、展開上はまったく無意味なお色直しに忙しい。マーゴットは、このジェス役のオーディションに旅行先から急きょ帰国して参加したというが、ボロボロのノーメイク姿でも、ウィル・スミスも監督たちも「彼女しかいない」と即決したという。ウィルを相手にしても、ものおじしない度胸の良さが買われたのだ。映画としては評判にならなかったが、マーゴットにとってはここでハリウッドの大物、ウィルに気に入られたことは多かった。そのウィルと再び共演した『スーサイド・スクワッド』は、オーディションなしでのご指名だったそうだ。

 しかし、『PAN AM/パンナム』からマーゴットをウォッチしてきた筆者としては、『フォーカス』の時点でちょっと心配になってきていたのも事実。このマーゴットちゃんはこのままずっとお色気路線の金髪ギャルとしてキャリアを積むつもりなのだろうか? 常に露出度は高いものの、彼女の度胸の良さとあっけらかんとした性格がかいま見えるので、同性としても嫌な感じはしない。しかし、時代は金髪セクシー美女より黒髪知性派美女。ジョージ・クルーニーもジョゼフ・ゴードン・レヴィットも、結婚相手には黒髪のキャリア女性を選んだ。ジェニファー・ローレンスも『ハンガー・ゲーム』などでは髪を黒くし、ブレイク。そういう時代の流れを考えるとどうなのか? と余計な心配をしていたところ、2015年度アカデミー賞候補作『マネー・ショート 華麗なる大逆転』で、また彼女を見かけた。難しい経済用語が飛び交うこの映画で、「サブプライムローンとは何か? かわいこちゃんが説明する」というノリの解説シーンに、セレーナ・ゴメスと共に選ばれて登場。裸でバブルぶくぶくのお風呂に浸かりながら、セクシーに経済用語の意味を教えてくれていた。「ああ、マーゴット、またしても“水着枠”…」と、がっかりしてしまったことを告白しておこう。ちなみに『マネー・ショート~』は挑戦的な内容を評価したい映画だが、フェミニズム的に見て、こういった女優の使い方はいただけない。

 『スーサイド・スクワッド』のハーレイ・クインも、お色気ありきのキャラクターではある。登場したシーンからして鉄格子を舐め上げて男を挑発するし、へそ出しコスチュームに着替えるときも、ホットパンツから尻をはみ出させながら歩くときも、常に周りの悪党どもを悩殺しまくっている。だが、先だって公開された『ターザン:REBORN』でもターザンの妻役だったマーゴットが、初めて「誰かの妻」でも「スターの相手役」でもない女性を演じ、ほとんど主役に見えるほどの存在感を発揮しているのが痛快だ。マーゴット自身、オタク的なところがあり、10代の頃は『ハリー・ポッター』にハマって目が悪くないのにハリーのような黒縁メガネを作ってもらったほどだとか。8月に映画のPRで来日した際には、「原作(アニメ)のハーレイ・クインはとても人気があるので、ファンの期待に応えられるよう頑張りました」と語っていた。まさにオタク的なコスプレ魂でブレイクしたと言えるかもしれない。

 ここに至るまでマーゴットは、同年代の有名女優がやらない役を引き受けてきた。同じ1990年生まれの女優には、前述の『ハンガー・ゲーム』シリーズのジェニファー・ローレンスや『ハリー・ポッター』シリーズのエマ・ワトソン、『トワイライト』シリーズのクリステン・スチュワートがいるが(恐るべき90年組!)、マーゴットが演じたステレオタイプな美女役は、絶対に引き受けないだろう。しかし、彼女たちのようにヒット作を持たず、また身ひとつでオーストラリアから出てきたマーゴットには、ブレイクするために必要な道のりだったのだと思える。そして、米ワーナーがハーレイ・クインを中心に『スーサイド・スクワッド』をシリーズ化するという噂も。ついに自分が主役となれるシリーズを得た“イット・ガール”のサクセス・ストーリーを今後も見守っていきたい。

小田慶子

最終更新:9/9(金) 16:00

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。