ここから本文です

アーセナル退団の“実業家”MF、C・パレスに加入が決定。今季末までの1年契約

フットボールチャンネル 9/9(金) 20:20配信

 アーセナルを退団してフリーとなっていた元フランス代表MFマテュー・フラミニは、クリスタル・パレスに加入することが決定した。8日に同クラブが公式ウェブサイトで発表を行っている。

【写真】有名選手の美人パートナーやガールフレンド 欧州の美しきサポーター特集

 32歳のベテランMFは、契約満了に伴いこの夏にアーセナルを退団。古巣であるミラン、ローマやギリシャの強豪オリンピアコスなどからの関心も噂されていたが、C・パレスとの契約に近づいていることが7日に英メディアで報じられていた。

 C・パレスとの契約は今シーズン末までの1年間となる。「すごく野心的なクラブで、素晴らしい選手たちがそろっている。そのチームの一員になることを楽しみにしているよ。僕にとってすごく興味深い挑戦だ」とフラミニは新クラブ加入に際して喜びのコメントを述べている。

 フラミニは2004年にマルセイユからアーセナルに加入。4年間のプレーを経てミランへ移籍したあと、2013年に再びアーセナルに戻ってきた。昨シーズンはミケル・アルテタなどの負傷の穴を埋める守備的MFとして貴重な働きを見せ、リーグ戦16試合を含む公式戦24試合に出場したが、クラブから契約延長を提示されることはなかった。

 2015年には、極秘でバイオ燃料会社「GFバイオケミカル」を2008年に設立していたことが明らかとなり、その市場が将来的に200億ポンド(約3兆7000億円)まで達することが話題を呼んだ。サッカー界きっての実業家であるフラミニのピッチ内での活躍に注目が集まりそうだ。

フットボールチャンネル

最終更新:9/9(金) 20:20

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。