ここから本文です

Cロナの”4億6千万円”豪邸、危機一髪? 山火事被害の脅威が襲う

フットボールチャンネル 9/9(金) 21:10配信

 レアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが母国に保有する豪邸が、山火事の危機に晒された。9日付のスペイン紙『スポルト』が伝えている。

【写真】EUROを彩る欧州美女。スタジアムに現れた美しきサポーターたち

 イベリア半島では9月に入って記録的な暑さが続いていることも影響し、スペインやポルトガルでは山火事の被害が相次いでいる。ポルトガルでは、国内北部のペネダ・ジェレス国立公園内の森林で特に大規模な火災が発生しているという。

 この山火事が、レアルとポルトガル代表のエースが保有する豪邸を脅かした。C・ロナウドが2012年にペネダ・ジェレスに建てた400万ユーロ(約4億6000万円)の邸宅は、現地では観光スポットのひとつにもなっているが、そこに炎が到達する危険性もあったようだ。幸い、消防隊の対応により現在は危険が回避されたと報じられている。

 山火事がC・ロナウドに不安を感じさせたのは、この夏初めてのことではない。先月には同選手の故郷であるポルトガル領マデイラ島で大規模な山火事が発生し、3人の犠牲者と多数の負傷者を出す惨事となった。C・ロナウドは被害者に経済的支援を差し伸べたいという意志を表明している。

フットボールチャンネル

最終更新:9/9(金) 21:10

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。