ここから本文です

【日本代表】香川・本田批判に終始するのは危険。むしろ、もうひとつの無風地帯こそ不安要素だ

SOCCER DIGEST Web 9/9(金) 6:00配信

気になるのは、吉田麻也と森重真人のCBコンビ。競争原理が働かないところには慣れや緩みが出てきやすい。

 アジア最終予選のUAE戦は1点、タイ戦では何度もチャンスがありながら2点しか取れず、決定的なチャンスを外した本田圭佑と香川真司に対する風当たりが強くなっている。ふたりともコンデイションが今ひとつで、さらに左MFは宇佐美貴史、原口元気、清武弘嗣らが激しい競争を展開しているのに、本田と香川が無風状態に置かれているのも批判の的になっている要因だ。
 
 だが、無風なのは彼らだけではないし、問題は彼らのポジションだけではない。むしろ吉田麻也と森重真人のCBコンビのほうが個人的にはかなり気になる。
 
 2016年のA代表の試合はこれまで全6試合あったが、すべてこのCBコンビがスタメンだ。今回のUAE戦、タイ戦に限って言えば昌子源と槙野智章が怪我で外れ、代わりに入ったのは丸山祐市と植田直通。経験の浅いふたりが最終予選でいきなり起用されることは考えられず、予備登録89人のメンバ-リストを見ても、CBは今後も吉田と森重のふたりが軸になっていくのだろう。
 
 吉田と森重が悪いと言っているわけではない。競争原理が働かないところには慣れや緩みが出てきやすく、レギュラ-が固定されると積極的にそれ以上高みを目指すのが難しくなる。それは選手の成長を停滞させてしまう。
 
 また、世界大会に限らず、最終予選で最も重要なのは守備だ。今やドイツはもちろんブラジルでさえも守備に力を入れている。極点な話、1点を取れなくても失点しなければ勝点1を積み重ねられる。2005年のワールドユース選手権(現・U-20ワールドカップ)で大熊清ジャパンが1敗2分の勝点2で決勝トーメントに進出した例もあるのだ。
 
 しかし、UAE戦をはじめ、これまでの彼らの守備をみていると、仮に最終予選をなんとか勝ち抜いても”ワ-ルドカップでどうなの?”という不安が拭えない。吉田や森重もこれからの伸びシロを考えると年齢的に難しくなる。世界との戦いを考えれば、「来たれ、次世代のCB」と叫ばずにいられないのだ。
 
 では、誰を出せばいいのかというと、これと言った名前は出てこない。CBを積極的に育成強化してこなかったツケが回っているということだが、それを嘆いていても仕方がない。

1/2ページ

最終更新:9/9(金) 6:00

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。