ここから本文です

【J1展望】磐田×神戸|勝負の鍵は外国人2トップ対決。中位に踏みとどまるのは?

SOCCER DIGEST Web 9/9(金) 17:00配信

磐田――挑戦者として、自分たちのサッカーをやり切りたい。

J1リーグ・2ndステージ11節
ジュビロ磐田 – ヴィッセル神戸
9月10日(土)/18:00/ヤマハスタジアム
 
ジュビロ磐田
2ndステージ成績(10節終了時):15位 勝点8 1勝5分4敗 10得点・16失点
年間成績(27試合終了時):13位 勝点31 7勝10分10敗 31得点・39失点
 
【最新チーム事情】
●リーグ戦から大幅にメンバーを入れ替えて臨んだ天皇杯は2回戦突破。
●今週の紅白戦では、新人・荒木が主力組2本目の左サイドで出場。ベンチ入りなるか。
●左足を負傷していた大井が神戸戦で復帰の予定。
 
【担当記者の視点】
 前節・福岡戦で待望の第2ステージ初勝利を飾り、リーグ中断期の天皇杯も3回戦進出を決めた。過度なプレッシャーから解き放たれ、チーム内は明るい雰囲気にとなり、練習では磐田のサッカーを磨くことにより集中できている。「試合では挑戦者として、縮こまらず思い切り自分たちのサッカーをやり切りたい」と選手たちが話すように、この1勝を浮上のきっかけにしたい。
 
   トップ下を務める川辺と、鳥栖戦からボランチでスタメンを続ける上田、そして宮崎の3選手の連係は、今後の鍵を握るポイントのひとつだ。上田が「自分とミヤ(宮崎)が低い位置でボールを捌いても、駿(川辺)を高いところで生かせない。チャンスには(ボランチの)どちらかが思い切って前に出て行きたい」と話せば、「バランスをしっかり取りながら、もう少しゴールに向かう意識を高めたい」(宮崎)、「サイドやFWをいかしつつ、ゴールやアシストを増やしていきたい」(川辺)と続く。
 
  神戸は強力な外国人アタッカーを擁するだけに、相手の鋭いカウンターには要注意。その起点を潰せるか。対人に強い選手が揃う相手に、球際でファイトできるか。前回対戦(●1-4)の雪辱を果たし、残留に向けて勢いづけたいところだ。

【U-16日本代表】純粋なサッカー小僧――。久保建英が背負う重圧と義務付けられた勝利

1/2ページ

最終更新:9/9(金) 17:00

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。