ここから本文です

【J1展望】柏×鹿島|大津と田中が復調する柏か、石井監督と金崎が復帰した鹿島か。上位追走に望みをつなぐのは……

SOCCER DIGEST Web 9/9(金) 18:00配信

柏――大津や田中が復調。下平監督の交代策にも注目したい。

J1リーグ・2ndステージ11節
柏レイソル – 鹿島アントラーズ
9月10日(土)/19:00/日立柏サッカー場
 
柏レイソル
2ndステージ成績(10節終了時):6位 勝点19 6勝1分3敗 21得点・17失点
年間成績(27試合終了時):6位 勝点43 12勝7分8敗 41得点・38失点
 
【最新チーム事情】
●D・オリヴェイラ、伊東、中川、茨田は天皇杯2回戦を回避し、今節に備える。
●左大腿二頭筋腱損傷で離脱していた大谷が戦列復帰。
●4日に行なわれた町田との練習試合は3-1で勝利。田中がハットトリックで復調を印象づける。
 
【担当記者の視点】
 前節の川崎戦は5-2の大勝を収め、第2ステージの順位では再び首位との勝点差を3に縮めた。上位に肉薄するために、GKの中村は「勝点6の価値がある試合」と今節の重要度を語る。
 
第2ステージ・9節の名古屋戦では3得点、川崎戦では5得点とクリスティアーノ、D・オリヴェイラ、伊東の3トップを中心とした攻撃陣の好調が際立つ。難敵の鹿島を相手に、圧倒的な攻撃力を生かせるか。
 
 9月3日の天皇杯2回戦の奈良クラブ戦では、「少し怪我のある選手、疲れの残っている選手を休ませる」と下平監督が事前に明言したとおり、D・オリヴェイラ、伊東、中川、茨田を休養させ、今節に向けて調整した。好パフォーマンスを期待したい。
 
また、その奈良クラブ戦では大津、ドゥドゥが躍動し、4日に行なわれた町田との練習試合では、左大腿部を負傷していた大谷が戦列復帰し、田中もハットトリックと復調を印象づけた。終盤のラストスパートへ向けて陣容は整いつつある。指揮官の交代策にも注目だ。

鹿島――改めて、チーム一丸となって勝点3を目指す。

J1リーグ・2ndステージ11節
柏レイソル – 鹿島アントラーズ
9月10日(土)/19:00/日立柏サッカー場
 
鹿島アントラーズ
2ndステージ成績(10節終了時):9位 勝点14 4勝2分4敗 17得点・15失点
年間成績(27試合終了時):3位 勝点53 16勝5分6敗 46得点・25失点
 
【最新チーム事情】
●心労でダウンしていた石井監督のリーグ復帰戦。同監督はクラブに迷惑を掛けたことを陳謝し、「リーダーシップを持ってやっていく」と話した。今までは選手の意見を重視する指導法だったが、状況によっては先頭に立って指揮していく考えだ。
●内転筋の痛みで日本代表を離脱した昌子だが、柏戦では先発が予想される。最終予選を戦うことで「経験値が上がる」と話していただけに、悔しい離脱となってしまったが、気持ちを切り替えてピッチに立つ。
●体調不良でダウンしていた金崎が先発に戻ってくる。コンディションは「良いよ」と問題はなさそうだ。エースの久々のゴールで勝利を掴みたい。
 
【担当記者の視点】
 一時は監督交代も噂されたが、石井監督が現場に戻ってきた。復活した石井体制下で、すでに天皇杯2回戦を勝利も、チームは改めて気持ちをひとつにして、一丸となって勝点3を目指す。
 
 仕切り直しとなる柏戦は、ボランチは小笠原の代わりに永木がスタメンに名を連ねそうだ。豊富な運動量で柏のパスワークのリズムを狂わせられれば、勝機は見えてくるはず。チーム全体でアグレッシブに奪いに行く姿勢を見せて、ショートカウンターで仕留めたい。

最終更新:9/10(土) 18:27

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ