ここから本文です

【J1展望】川崎×福岡|故障者続出の川崎。本職MFの田坂が右CBで出場か

SOCCER DIGEST Web 9/9(金) 18:00配信

川崎――軽傷のチョン・ソンリョンは試合に間に合いそうだ。

J1リーグ2ndステージ・11節
川崎フロンターレ – アビスパ福岡
9月10日(土)/19:00/等々力陸上競技場
 
川崎フロンターレ
2ndステージ成績(10節終了時):1位 勝点22 7勝1分2敗 22得点・12失点
年間成績(27試合終了時):1位 勝点60 18勝6分3敗 55得点・27失点
 
【最新チーム事情】
●代表選手がチームに復帰。足首を痛めていた大島は紅白戦に加わる。
●代表で膝を打撲したチョン・ソンリョンは練習を休むが試合には間に合いそう。
●秋田戦で激しく削られた武岡はまだ万全ではないため、田坂祐介を3バックの右ストッパーで試す。先発の可能性も高い。
●福岡は第1ステージで引き分け。絶対に勝ちたい相手だ。
 
【担当記者の視点】
 大島とチョン・ソンリョンが軽傷を抱えていたが、試合出場は問題なさそうだ。足首を痛めていた大島は紅白戦に参加し、チョン・ソンリョンは練習を回避したが試合には間に合いそう。万全ではないとはいえ、絶対的な主力ふたりが出場できるのは大きい。
 
 ただし、チームの台所事情は厳しい。天皇杯の秋田戦で負傷した武岡が万全ではないため、福岡戦では田坂が3バックの一角で起用される可能性がある。ユーティリティ性の高い選手とはいえ、本職はMF。守備面での不安はぬぐえない。福岡のカウンターには細心の注意を払う必要があるだろう。
 
 福岡には第1ステージで引き分けており、いわば”勝点を落とした”形。今回の対戦ではしっかりと勝点3を奪い、首位固めと行きたい。

フロンターレでは感じられない悔しさ――小林悠がタイ戦のわずかなプレータイムに掴んだ手応えとは?

福岡――奇しくもリーグ戦に集中できる環境に。

J1リーグ2ndステージ・11節
川崎フロンターレ – アビスパ福岡
9月10日(土)/19:00/等々力陸上競技場
 
アビスパ福岡
2ndステージ成績(10節終了時):16位 勝点10 1勝2分7敗 9得点・19失点
年間成績(27試合終了時):18位 勝点16 3勝7分17敗 20得点・44失点
 
【最新チーム事情】
●ルヴァンカップ、天皇杯で敗退。奇しくもリーグ戦に集中できる体制となった。
●「悔いのないシーズンにするために一戦一戦を決勝のつもりで臨む」と井原監督。
●戦列離脱していたウェリントンの調子は上向き。復帰に向けて急ピッチで調整を続ける。
●カップ戦で中原秀や下坂らがアピール。リーグ戦の新たに戦力として期待が掛かる。
 
【担当記者の視点】
 天皇杯、ルヴァンカップに敗れたことで残された公式戦はリーグ戦の7試合のみ。J1残留を目指す福岡にとって、15位の甲府との勝点11差は非常に厳しい状況だが、リーグ戦に集中できるのは吉と言えるかもしれない。
 
「勝たない限り先がない」(坂田)と話す次節の相手は、年間勝点と第2ステージで首位に立つ川崎。圧倒的な攻撃力を持つ相手にボール支配を許しそうだが、いかに効率的なカウンターを繰り出すかがポイントとなりそう。
 
 先発濃厚の駒野は、「引いてブロックを作るなかでも、タイミングを見て前から奪いに行くことも大切。相手がそれを苦にしていないチームであろうと、そういう戦い方が必要になる」と話す。
 
 チームに何よりも求められるのは、不用意なプレーで失点してしまい、内容と結果が伴わない点の改善だ。それを繰り返して勝点を落とし続けてきたため、課題克服は急務となる。
 
 第1ステージでは2点を先制したが、最終的にドロー。ただ、川崎に対する苦手意識はない。首位相手に勝点を奪うことで、上昇気流を掴みたい。

最終更新:9/9(金) 18:00

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。