ここから本文です

【J1展望】G大阪×甲府|ステージ首位を窺うホームチームが過去対戦3連勝中の相手を迎え撃つ

SOCCER DIGEST Web 9/9(金) 18:30配信

G大阪――絶好調の長沢がキーマンに。

J1リーグ・2ndステージ11節
ガンバ大阪 - ヴァンフォーレ甲府
9月10日(土)/19:00/市立吹田サッカースタジアム
 
ガンバ大阪
2ndステージ(10節終了時):4位 勝点26 6勝2分2敗 15得点・8失点
年間順位(27試合終了時):5位 勝点44 13勝5分9敗 37得点・28失点
 
【最新チーム事情】
●FW長沢が公式戦ここ5試合・5ゴールと絶好調。
●甲府戦は過去5試合で4勝1敗、3連勝中と相性が良い。
●ワールドカップ・アジア最終予選でA代表デビューした韓国代表オ・ジェソクはベンチスタートが濃厚。
●父が元中国代表の市立船橋高MF高宇洋(コウ・タカヒロ)、韓国ボイン高のDFペ・スンヨンの来季加入が内定。
 
【担当記者の視点】
 最近5試合・5ゴールと絶好調の長沢が、今回もキーマンとなりそうだ。甲府には最近3連勝中と相性もよく、しっかり勝点3を収めて、第2ステージの首位を射程圏に捉えたいところ(首位交代もあり得る)。
 
 ワールドカップ最終予選で韓国代表デビューを果たしたオ・ジェソクは、ベンチスタートが濃厚。守備固めをしたい際に大きな存在感を示してくれそうだ。一方、先発が予定される米倉はサイドを思い切って駆け上がり、甲府陣内を攻略したい。
 
 今野は試合には臨める状態にはある。ただチームが好調をキープしていることもあり、ボランチの先発は井手口が予想される。もちろん、肉弾戦が予想されるだけに、今野先発も決してなくはないか。

【釜本邦茂のガマッチョ診断!】本田、香川を追い越す選手が現われなければ日本サッカーは衰退するよ!

甲府――大宮戦のような粘り強さを発揮し希望を見出したい。

J1リーグ・2ndステージ11節
ガンバ大阪 - ヴァンフォーレ甲府
9月10日(土)/19:00/吹田サッカースタジアム
 
ヴァンフォーレ甲府
2ndステージ成績(10節終了時):13位 勝点12 3勝3分4敗 10得点・16失点
年間成績(27試合終了時):15位 勝点27 6勝9分12敗 28得点・47失点
 
【最新チーム事情】
●新井が右膝を負傷し再離脱。3バックの左には津田が起用される見込み。
●天皇杯の大分戦で右太もも裏を傷めた橋爪は、8日から全体練習に復帰。今節でのスタメン出場が濃厚。
●守備面に重きを置いて、シャドーに田中を起用。ドゥドゥが1トップ回り、ダヴィはベンチスタートへ。
●今週から土屋が全体練習に復帰。
 
【担当記者の視点】
 残留に向けて依然として厳しい立場ながら、ここ3戦無敗とムードは悪くない。前節の大宮戦では、後半アディショナルタイムに同点へ追いつく粘りを見せて勝点1を積み上げた。そのため、降格圏内(年間16位)の名古屋とは勝点7差をキープしている。
 
 敵地でのG大阪戦では、その差を大幅に縮められないためにも、最低でも勝点1を積み上げたい。リーグ戦ここ5試合で4勝1分のG大阪から勝点を奪うのは至難の業だが、それでも、前節・大宮戦のような粘り強さを発揮し希望を見出したい。
 
 ポイントは、いかに相手の攻撃を凌げるか。守備に多くの時間が割かれそうななか、堅守で相手を焦らしながら、上手くカウンターへと転じていきたい。

最終更新:9/9(金) 18:31

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。