ここから本文です

ボブ・ディランが製作、巨大な鉄のアーチ門をメリーランドで公開

ローリングストーン日本版 9/9(金) 15:00配信

"ポータル"と題された26×15フィートの構造物を、メリーランド州のMGMナショナル・ハーバーのカジノで常設展示。

ボブ・ディラン、モハメド・アリを追悼:「最も優れた人間だった」

ボブ・ディランは過去50年にわたり、演技、監督、絵画、そしてボクシングにいたるまで、音楽以外にもさまざまな分野を追求してきた。彼の情熱の、これもまた意外な方向のひとつに、巨大な鉄製の門の彫刻がある。こうした作品は2013年、ロンドンのハルシオン・ギャラリーで初めて公開されている。今回新しく作られ、"ポータル"と題された26×15フィート(約8m×4.5m)の特製のアーチ門は、年末に一般公開されるメリーランド州のMGMナショナル・ハーバー・カジノで常設展示される予定だ。

「門というものが私にアピールするのは、ネガティブな空間をもたらすものだからだ」とディランは声明で述べている。「閉めてしまうこともできるが、同時に、季節やそよ風が入り込んで流れてゆくことを許すんだ。門は人を締め出すこともできるし、閉じ込めることもできる。ある意味、そこには違いはない」。

ディランのユニークな彫刻は、農具や子供の玩具、車輪、斧、歯車、アンティークの銃など、そのときどきに発見された素材と結合している。「ディラン氏は間違いなく我々の時代の最も偉大な音楽家の1人ですが、彼のすばらしい金属製の彫刻は、彼の豊かな創造的才能と、素材を超越する能力を証明するものでもあります」とMGMリゾーツ・インターナショナルの会長兼CEO、ジム・ミューレン氏は話す。「MGMもエンターテインメント企業として、そのエネルギーをさまざまな分野に振り向けるアーティストから、我々は深く感銘を受けています。我々は、この感性を揺さぶるリゾート体験を高められるよう、ディラン氏と協業し、その彼のビジョンがMGMナショナル・ハーバーのヘリテージ・コレクションにもたらされることを誇らしく感じています」。

ディランは、1968年ザ・バンドのアルバム『ミュージック・フロム・ビッグ・ピンク』と、1970年の自身の2枚組アルバム『セルフ・ポートレート』のカヴァー・アートを描いたが、彼のプロとしてのキャリアのほとんどを通じて、彼のアートワークは私蔵されたままだった。だが、近年、彼は自分の作品を世界中のアート・ギャラリーに展示することを許し、2007年ドイツのケムニッツの美術館でThe Drawn Blank Seriesを、2010年コペンハーゲンの国立美術館でBrazil Seriesを、2012年ニューヨークのガゴシアン・ギャラリーでRevisionist Artを展示している。

ボブ・ディランのネヴァー・エンディング・ツアーの最新のレグは7月7日にニュー・ハンプシャー州ギルフォードで幕を閉じた。ツアーの再開は10月7日、カリフォルニア州インディオで行われるデザート・トリップ・フェスティバルとなる。デザート・トリップには、ザ・ローリング・ストーンズ、ニール・ヤング、ポール・マッカートニー、ロジャー・ウォーターズ、ザ・フーと共に出演しギャラを分かち合う。ディランはそこから、11月23日のフロリダ州フォートローダーデールで幕を閉じるまで全米中を演奏して回る予定だ。ディランの来年の予定は、現時点では明らかではないが、メイヴィス・ステイプルズがローリングストーン誌に語ったところによれば、ディランはステイプルズに新曲を贈り、近く、彼女と一緒にレコーディングをしたがっているという。

Translation by Kise Imai

ANDY GREENE

最終更新:9/9(金) 15:00

ローリングストーン日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

RollingStone 2016年10月号

株式会社パワートゥザピープル

2016年10月号
9月10日発売

710円(税込)

表紙:トム・ヨーク
特集:IMAGE
ロック&ファッション&アート
高橋盾(UNDERCOVER)
ヒステリックグラマー 他

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。