ここから本文です

ブラック・ミュージックの祭典「SOUL CAMP2016」が横浜赤レンガで開催:ジル・スコット待望の初来日

ローリングストーン日本版 9/9(金) 18:00配信

ジル・スコット待望の初来日!ブラック・ミュージック ファンへ向けた、都市型フェスティバルが今年も開催!



昨年、ローリン・ヒル、コモンなどを迎え、まるで映画『ブロック・パーティ』が再現されたかのような、ブラックミュージック好きにはたまらないラインアップで大盛況に終わった都市型フェス「SOUL CAMP」。今年は、"ソウルフルな開放地区"を昨年の豊洲から横浜赤レンガへ移し、来週9月18日(日)に開催される。

ヘッドライナーを務めるのは、シアトル発のヒップホップ・デュオ、マックルモア&ライアン・ルイス。2014年のグラミー賞7部門にノミネートされ、最優秀新人賞、最優秀ラップアルバム、最優秀ラップ・ソング、最優秀ラップ・パフォーマンスの4部門を受賞した今注目の実力派だ。あのエミネムも絶賛する二人は、同性愛を肯定した『セイム・ラヴ(feat.メアリー・ランバート)』で注目を浴び、その後も、VMAを受賞した『ダウンタウン』など、独自のスタイルでヒップホップを表現し続けている。今年4月、ブラックミュージックへのゆるぎない愛情を注ぎこんだ秀作アルバム『This Unruly Mess I’ve Made』を発表し、ワールドツアー敢行中のノリに乗った彼らの熱いステージは必見だ。

加えて、ファン待望の初来日となるジル・スコット。2000年にアルバム『WHO IS JILL SCOTT?』でデビューを飾って以来、3作連続でアルバムがグラミー賞最優秀R&Bアルバムにノミネートされ、3つのグラミーを獲得した"ネオ・ソウル"の女王だ。デビューから16年経ち、待望の初来日となるステージはファンならずとも必見の価値があるだろう。

さらに、2000年初頭に大ヒットしたネリー(NELLY)、ニュースクール黎明期からシーンに君臨し続けるスーパーグループ"ギャング・スター(Gang Starr)"のトラックメーカーでもあるDJ プレミア(DJ PREMIER)、アフリカをルーツとしたオーガニックなファッションや思想などを意識した "ネイティヴ・タン"一派のヒップホップ・グループ、ジャングル・ブラザーズに加え、伝説のプロデューサーピート・ロックの出演も決定している。今年3月に45歳の若さでこの世を去ったファイフ・ドーグとともにア・トライブ・コールド・クエスト(ATCQ)で活躍した、DJアリ・シャヒード(Ali Shaheed Muhammad)による、DJセットも注目だ。

"真っ昼間から いいキモチ""あの時の最高の音楽と最高の空気とともに"というコンセプトの「SOUL CAMP」。
横浜の海を見ながら、ゆるりとブラック・ミュージックを堪能したい。

MTV presents SOUL CAMP 2016
2016年9月18日(日)12:00 OPEN / 13:00 START
横浜赤レンガ野外特設ステージ(http://www.yokohama-akarenga.jp/access/)

出演アーティスト:
LIVE : MACKLEMORE & RYAN LEWIS / JILL SCOTT / NELLY / JUNGLE BROTHERS
DJ: DJ PREMIER / ALI SHAHEED MUHAMMAD (A TRIBE CALLED QUEST) / PETE ROCK

主催・企画制作:SOUL CAMP 2016 実行委員会
後援:横浜市文化観光局、横浜港運協会、(一社)横浜港振興協会
オフィシャルメディア:MTV JAPAN
協力:Billboard JAPAN
問い合わせ:CREATIVEMAN [tel] 03-3499-6669

WEB:http://soul-camp.jp
Facebook:http://www.facebook.com/soulcamp.official
Twitter:https://twitter.com/soul_camp
Instagram:https://www.instagram.com/soulcamp_official/

RollingStone Japan 編集部

最終更新:9/9(金) 18:00

ローリングストーン日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

RollingStone 2016年10月号

株式会社パワートゥザピープル

2016年10月号
9月10日発売

710円(税込)

表紙:トム・ヨーク
特集:IMAGE
ロック&ファッション&アート
高橋盾(UNDERCOVER)
ヒステリックグラマー 他

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。