ここから本文です

アマゾン、レストラン料理の配達事業を英国に拡大

JBpress 9/9(金) 6:00配信

 米アマゾン・ドットコムはこのほど、米国で提供しているレストラン料理のデリバリーサービスを英国ロンドンでも開始したと発表した。

■ アマゾンのドライバーが1時間以内で配達

 このサービスは「Amazon Restaurants」と言い、9月7日にロンドンの21の郵便番号がカバーするエリアで始めた。すでに150店ほどの飲食店が参加しており、その中には日本料理店もいくつかある。

 Amazon Restaurantsは、有料プログラム「Prime(プライム)」の会員向けに提供している、最短1時間で商品を配達する「Prime Now」の追加サービスという位置付けだ。

 アマゾンが無料で配布しているスマートフォン用のPrime Nowアプリに郵便番号を入力すると、その地域がサービス対象になっている場合、アプリのトップページにAmazon Restaurantsが表示される。

 その画面で店や料理を選んで注文すると、アマゾンの配送ドライバーが店に行って料理を受け取り、顧客の家まで配達する。注文してから料理が届くまでの時間は1時間以内。1回の注文金額は15ポンド(約2000円)からとなっている。

■ 配達料は無料

 Prime Nowの1時間以内配達は、1回当たり6.99ポンド(約950円)の配達料がかかるが、このAmazon Restaurantsでは配達料はかからない。だからといって料理にはサービス料を加えた特別価格などは設定してないという。

 「もし、アマゾンで注文した料理の価格が、レストランのオンラインメニューに表示されている通常価格より高いと気付いた場合は、注文から24時間以内であれば返金する」とアマゾンは説明している。

 同社がAmazon Restaurantsを始めたのは昨年9月。

 当初はアマゾンの本社がある米ワシントン州シアトルだけで提供していたが、今年2月までに、ロサンゼルス、シカゴ、オースティン(テキサス州)、ボルティモア(メリーランド州)、ポートランド(オレゴン州)、サンディエゴ(カリフォルニア州)に拡大。今ではサンフランシスコ、マンハッタン、ダラス、アトランタ、マイアミでも提供している。

■ Primeの会員拡大が狙い

 アマゾンのこうしたサービス事業戦略は、前述の有料プログラム「Prime」の会員拡大が目的と見られている。

 例えば先頃同社は、同じく米国のPrime会員に提供している、ボタンを1回押すだけでアマゾンへの商品注文が完了する「Dash Button」を英国でも提供開始したと発表した。

 なお英国におけるPrimeの年会費は79ポンド(約1万700円)で、米国の年会費99ドル(約1万円)とほぼ同じ。

 その特典も米国とほぼ同じで、即日・翌日配送サービス、前述の最短1時間以内の配達サービス「Prime Now」、映画やテレビ番組、音楽を追加料金なしで楽しめる「Prime Video」「Prime Music」、写真を無制限にアマゾンのクラウドサービスに保存できる「Prime Photos」などがある。

 またアマゾンの電子書籍端末「Kindle」シリーズや「Fire」シリーズのタブレットとスマートフォンの所有者には、電子書籍を1カ月に1冊無料で借りられる「Kindle Owners' Lending Library」も用意している。

 このほか同社サイトや傘下サイトの会員先行セール、米国ではPrimeの上位版サービスとなる生鮮食料品の即日配達サービス「AmazonFresh」も提供している。

小久保 重信

最終更新:9/9(金) 6:00

JBpress

記事提供社からのご案内(外部サイト)

JBpress PremiumはJBp
ressが提供する有料会員サービスです。
新たな機能や特典を次々ご提供する“進化
するコンテンツ・サービス”を目指します。

Yahoo!ニュースからのお知らせ